無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スタイリスト金子綾さん「一生もの選び」で差がつく大人カジュアルの作り方

ファッション

センスの人。スタイリスト金子綾さんのオシャレはいつも計算どおりではなくて、新しい「素敵」を教えてくれる。一生ものの身につけ方もセンスに満ちていて、〝いかにも〟でない取り入れ方は編集部でもいつも話題です。プライベートでは小学生の女の子のママでもある金子さんの定番選びのコツを伺いました。

▶︎こんな記事も読まれています

エルメスの“アートなリング”で滝沢眞規子さんと始める本格ジュエリー選び

AYA KANEKO
金子 綾さん小学生・女の子ママ

「私、スタイリストのわりに、人が思うほど普段は買物してないんです」(笑)。普段はミニマルな買い方だけど、これ!と思った時には投資する思い切りの良さにもポリシーを感じます。若い頃から〝一生もの〟を少しずつ着実に揃えてきた金子さん。いつどんなタイミングで何を揃えてきたのか、彼女の〝一生ものヒストリー〟とあわせて、選びの理由にもブレない答えがありました。「定番を買うこと。私自身がいいものには無条件に惹かれるし、結果的にロングセラーのものには理由があって、ブランドの技術や美しさが詰まっていると思います」。

【金子さん流】 一生ものの揃え方年表

私自身が年齢の節目や年頃になったころに、母や祖母からバッグやジュエリーを受け継ぎながら育ったこともあり、何かに投資しようと考える時、まずおばあちゃんになった自分が身につけている姿が想像できることを意識していました。そして今は、将来娘に渡せるような普遍的な逸品を、その時々の状況と気分で選んでいるような気がします。

◉結婚前

20〜30代独立して仕事中心に頑張っていた頃、惜しみなく自分に投資できた独身時代

Tiffany & Co. 「メトロ」リング ゴールド×ダイヤモンド

スマートに光る華奢さが好きな「メトロ」コレクション。自分で買った初めてのハイジュエリー。

Cartier ゴールドの 「ミニ パンテール」

当時、生産終了になってしまった幻のミニサイズ。3年ほど探して、ヴィンテージショップで出会った時は即決でした。

◉娘の誕生の頃
自分へのご褒美に

Tiffany & Co. 「メトロ」リング ホワイトゴールド×ダイヤモンド

先に購入したゴールドのメトロとひとつ指を空けて身につけたら素敵だと思って色違いを購入。WGとYGを混ぜた方がラフな印象になるから。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ