無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もともとなくても涙袋はつくれる♡オトナ女子向け「ナチュラルデカ目に見せる涙袋メイク」

メイク

使用アイテム紹介

今回はこちらのアイシャドウを使用して涙袋メイクを仕上げました。

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ RD606 ラズベリーモカ/税抜2,800円

デイリー使いにぴったりの定番カラーが詰まったアイシャドウです。ラメカラーも入っており少し華やかにしたい休日メイクにも使える万能パレットです。

目元ファンデベースも一緒になっているので涙袋メイクにもおすすめのアイテムです。

STEP①涙袋の位置を決める

それでは早速涙袋メイクの手順を解説していきます。

まずは涙袋を作る位置を決めましょう。涙袋を作る位置は、ニッコリと笑った時に皺が出来るところを目安にすると自然です。

位置が決まったら、涙袋用フェイクライナーやアイブロウペンシルなどを使用して薄い影を描きます。この時に濃く描きすぎると不自然になってしまうため、少し物足りないくらいにしておくのがポイントです。

影を描いた部分の内側に目元ファンデベースを塗り広げ、涙袋部分の肌を整えておきます。

STEP②立体感をプラスする

涙袋の土台ができたら、Bのカラーを重ねます。お手持ちのアイシャドウを使う場合は、ほんのりパールが入った肌なじみの良い色を選ぶのがポイントです。

ツヤ感のあるアイシャドウを乗せることでナチュラルなぷっくり感をを演出することができます。

最初に描いたフェイクラインをぼかすようなイメージでBのカラーを重ねるとより自然な仕上がりになります。

STEP③ツヤと色をプラスする

ぷっくりとした涙袋が完成したら、上まぶたと統一感のある色を使用して下まぶたにもカラーを乗せます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ