無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生理の血が黒い、ゼリー状…これって異常!?[医師が回答!30代の生理]

美容

30代の婦人科系悩み&疑問に、人気婦人科医がお答え! 今回は「生理の血の状態」について。「生理の血が、『これ本当に血?』というくらい黒いときがある。ちゃんとした赤いものが出なくても大丈夫??」というお悩み。生理の血が黒かったり、ゼリー状だったり……。気になる状態について、専門医に教えていただきました!

生理の血の状態、正常・異常はどう判断する?

30代女性のお悩み&疑問

・「生理の血が、『これ本当に血?』というくらい黒いときがある。ちゃんとした赤いものが出なくても大丈夫??」

・「ここ数年、始まりの1〜2日間は血が薄ピンク。スマホアプリでもピンクの血が出たら『生理開始日』として登録しているけど、これってちゃんとした血と言えるのでしょうか? 妊娠が成立する頃に軽い出血があると聞いたこともあるので、毎月『もしかして着床出血?』と焦ったりも……」
・「生理の血が時々ゼラチンっぽくなり、一気に出てくる。妊娠していないのに胎盤が出てきたの?とビックリする。子宮内の何かが出てきているのでは?と不安です」

30代の読者に多かったのが、月経の経血の色や状態に不安を抱える人。専門医にお話を伺いました!

医師がお答え! 経血の色や状態によっては受診も検討して

生理の血が黒っぽいのは不正出血の可能性も

月経1日目は少量、2日目にたくさん出て、3日目にほぼ出尽くした状態で、4日目、5日目に黒っぽく変化する分には問題ありません。
赤くならずに、最初から黒っぽい、いわゆる海苔の佃煮状のものがずっと出ている場合は、不正出血を疑います。不正出血とは、子宮の粘膜の一部が破綻している状態で起こるもの。排卵せずに起こっている出血、あるいは排卵が遅れているために、月経ではなく不正出血であることが多いです。
1回だけであればそんなに心配しなくてもいいことも多いのですが、繰り返す場合は生理ではなく、不正出血を疑ったほうがいいでしょう。月経が始まる前や終わりかけのお印だったら問題ないけれど、海苔の佃煮のような出血が波がなく続く場合は、ホルモンバランスの乱れや無排卵性の月経であることが。怖いものではないですが、続くようであれば受診をおすすめします。

生理の血がゼリー状なのはホルモンバランスの乱れが原因の場合も

診察ではあまり見たことはないけれど、たまに聞きますね。
おそらく、生理が始まる前のおりものがグミ状の塊になっていて、そこに出血が混じっている。月経前はゼリー状のおりものが塊で出ることもあるんです。
排卵はしたけれど、高温期が短かったり、ホルモンバランスが崩れている人に起こることが多いです。2〜3日ゼリー状のものが出て、中休みがあってから経血が出るとおっしゃる方が多いですね。

生理の血の色がカーキやピンク…より心配なのはピンク!

古い血はカーキ色になっていきます。すでに止まっている出血なので心配ないですが、10日過ぎてもダラダラとカーキ色の血が出続ける場合は、ホルモンバランスが崩れているサインの可能性があります。
薄いピンクは、おりものに血液が混ざったもの。薄い出血が混じっている状態です。ピンクの場合は新しい出血なので、原因を見つけたほうがいいですね。ポリープやびらん、カンジダやトリコモナスなどの膣炎で炎症を起こしている可能性があります。

経血の色や状態によって、不調や病気が見つかることも。気になる状態なら、婦人科を受診しましょう。

取材・文/櫻木えみ 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉

「生理」に関する疑問・お悩みまとめ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ