無料の会員登録をすると
お気に入りができます

長く使い続けられる♡丁寧に作られたシンプル&上質な革小物特集

ファッション

ご夫婦が心を込めて作る、美しい革小物

「Kichijitsu(キチジツ)」は、大阪にある小さな革工房。倉田篤志さん、あかねさんご夫婦が「手にした方の一日キチジツに変えるような、持っていてうれしくなるものを届けたい」との想いで、バッグや財布、ペンケースなどを製作しています。

製作のイメージで大切にされているのは、篤志さんがレザークラフトを始めるきっかけにもなったフランス製の古いドクターズバッグです。
古道具屋さんで出会ったときにまず心惹かれたのが、長い時間の積み重ねで味わいを増した革の質感と真鍮製の金具。また、口金に取っ手も錠もついた形が美しく、口を開ければ大きく開いて中身を一望できる作りに、「開閉の機能を果たす部分がデザインと構造の要になっている」と感じたそう。

私が初めてKichijitsuのアイテムを目にしたとき、同じようにデザインや質感に惹きつけられ、丁寧に作られていることが伝わってくる凛とした雰囲気を感じました。

素材選びから加工まで、一つひとつの工程を丁寧に

素材選びでは自然な風合いを重視し、動物の皮を革に変える加工で化学薬品を使わずない、植物タンニン鞣しの上質な牛革を採用しているそう。口金やギボシなどの金具には一つひとつ面取りとつや消ししをして防錆処理を施し、革の質感に合うよう整えるなど、細部までこだわって作られています。

今回ご紹介したいのは、イタリアのトスカーナ地方に伝わる伝統的な技術で作られた革「ミネルバリスシオ」を使ったアイテム。しっとりとした手触りで適度なハリがある革で、経年変化しやすく、使い込むほどに深みを増していくのも魅力です。11色もの豊富なカラーバリエーションがあるので、きっとお好きな色が見つかります。

ドクターズバッグ仕様のミニポシェット

ふっくらと立体感のあるフォルムと、なめらかな革の質感が特徴のポシェット。ドクターズバッグに使われる口金クラシカルで、その金具がアクセント。パカッと開けるそのひと手間も楽しいアイテムです。

芯材を用いずにハリと強度を出す設計で、重さは缶ビール1本分程度しかなくとても軽やか。財布やカードケース、文庫本がちょうどよく収まる大きさで、マチ付きの内ポケットにスマートフォンなどを収納可能。少しおめかししたお出かけやちょっとした散歩のシーンにも活躍します。

Paka-Pochette S
35,200円(税込)

仕立ての良さを感じるシンプルな長財布

無駄な装飾がない、フラットな長財布。革が重なるところはコバ(端の部分)の厚みが均一になるよう調整したり、負荷がかかりやすいポケットやマチは糸を二重にして丈夫にしたりと細かな配慮がなされ、シンプルな中に美しさが感じられます。

外側には自然なハリのあるミネルバリスシオを使っているのに対し、内側には同じ製造元のソフトなミネルバボックスという革を使用。お札入れや小銭入れが柔らかく大きく開くので、中身が取り出しやすくなっています。お札入れの手前とフラップの裏側に計10個のカードポケットがあり、必要なものがしっかり持ち歩ける財布です。

Basic Long wallet
34,100円(税込)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ