無料の会員登録をすると
お気に入りができます

非対面だからこそ気づかいを 取り入れたい文章コミュニケーション術

ライフスタイル

直接会って話す機会が減ったからこそ、大切にしたい文章のコミュニケーション。お互いの表情が見えないゆえに生まれるすれ違いをなくして、会わずとも良好の関係が築けたらすてきですよね。

日常に取り入れたい文章コミュニケーション術を、fumumu取材班が聞いてきました。

①相手のテンションに…

「私は、メッセージだけでやり取りしていると、『怒ってる?』『なんか機嫌悪くない?』と聞かれることがあるんです。絵文字や顔文字をあまり使わないので、勘違いされてしまうんですよね。怒っているつもりはないから、相手にそう思わせてしまうのが申し訳なくて…。
そこまで関わりのない人とやり取りするときは、なるべく相手のテンションに合わせるようになりました。親しい友達だったら私の性格をわかってくれているけど、そんな相手ばかりではないから。
絵文字を使う相手だったら、こちらもひとつくらい絵文字を添えて返したり。語尾に『!』がついている人なら、同じように『了解しました!』と返信したり。返信の方法に絶対的な正解はないけど、最低限相手のテンションに合わせていれば、トラブルになることは少ないと思います」(20代・女性)

②ちゃんと言葉に

「文章のやり取りだと、お互いの顔が見えない分、気持ちが伝わりにくくなりますよね。表情や身ぶり手ぶりで感情を伝えることができないから、どうしても態度が冷たく感じるし。
だからこそ、文章で会話するときは、細かいところまでちゃんと言葉にするようにしています。例えば友達にオンライン飲みに誘われて、偶然何度も予定が合わずに断ってしまったとき、直接だったら『ごめんねー! また誘って!』だけでもあまりトゲがないけど…。
文章だと、何度も断られた相手からしたら『もう誘わないほうがいいのかな?』と不安になると思うんです。今後も誘ってほしい相手なら、『話したかったけど予定が入ってる! ごめんね、話したいことたくさんあるからまた予定組もう!』など、気持ちをしっかり伝えたほうがいいと思います」(20代・女性)

③お互い無理しない

「文章のコミュニケーションは、お互いに無理しないことが大切だと思います。忙しいのに無理に返信したり、興味ない話題に必死に対応したり…。
表情が見えないと、自分が無理していると相手になかなか伝わらないから。返信がストレスになると、直接話すのは平気な相手でも、『また連絡きちゃったよ…』とげんなりしてしまいますよね。
相手と良好な関係を保つには、適度な距離感も大切だと思うんです。何度も連絡を取り合う時間がないときは、忙しいと正直に伝えてもいいんじゃないでしょうか」(20代・女性)

「言わなくても伝わるだろう」と思ってしまうのは、直接のコミュニケーションでも危ないですが、文章のやり取りではさらに誤解を招いてしまいます。

表情やジェスチャーで補えない分、丁寧な言葉選びを意識していきましょう!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ