無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ふるさと納税]ベストな時期はいつ?お得な返礼品をねらうならこの季節

ライフスタイル

ふるさと納税の時期についておさらい!

www.shutterstock.com

ふるさと納税は、自分のふるさとや応援したい自治体に寄附をした場合、自己負担額2,000円を超えた額が住民税・所得税から控除される仕組みです。
年収や家族構成による控除額の上限はありますが、返礼品がもらえることもあり、2020年には利用者が400万人を突破しています。

ふるさと納税による税の軽減は、1月1日〜12月31日までの年単位の合計寄附金額が対象に。
翌年にワンストップ特例制度か確定申告の処理を行う必要があるものの、1月〜12月の通年でふるさと納税が行えます。
ふるさと納税サイトやカード決済などを利用すれば、時間を気にせずいつでも利用できるのも便利ですね。

なおワンストップ特例制度は、確定申告不要の給与所得者が、寄付先の自治体を5団体以内にし、ふるさと納税先の自治体に適用申請書を提出することで利用できる仕組み。
手続きが簡単になるため、確定申告に馴染みがない方でもふるさと納税にチャレンジしやすくなっています。

【ふるさと納税】仕組みをどこよりもわかりやすく解説!メリットや注意点を知って賢く活用! | 4yuuu! https://4yuuu.com/articles/view/30003698
www.shutterstock.com

ふるさと納税の制度を活用するためには、その後の確定申告などをしっかり行いましょう。
そうすることで、所得税の還付(控除)や住民税の減額(控除)が受けられます。

【ふるさと納税】申込と税金控除のタイミングは?始める時期はいつがおすすめ? | 4yuuu! https://4yuuu.com/articles/view/30003961

確定申告は翌年2月〜3月頃の定められた期間中に行い、ワンストップ特例制度を利用する場合は翌年1月10日までにふるさと納税先への申請書提出を忘れないようにしましょう。

ふるさと納税の返礼品はいつくる?いつまでに申し込むかは目的によって異なる

www.shutterstock.com

ふるさと納税の返礼品の到着時期は、それぞれ異なります。
だいたい2週間から3か月程度で届くことが多いですが、なかには忘れた頃にやってきたという人や、複数の返礼品が同じ時期にやってきて冷蔵庫に入らない!というケースも。

そのため返礼品を希望する場合は、事前にいつまでに届くかを把握しておきましょう。
ふるさと納税サイトだと申し込みページに到着時期の目安が記載されているものもありますが、より確かなのは、自治体に直接問い合わせることです。

また誕生日などのイベントのプレゼントやおもてなし用にと考えている場合は、逆算して早めに手配しておくと安心です。

ふるさと納税のおすすめ時期!春夏秋冬なら、どの季節がお得?

www.shutterstock.com

ふるさと納税は1月1日〜12月31日まで通年で行えますが、申し込み時期によって特徴があります。

年度が変わる春頃は、返礼品のリニューアルを行う自治体が多くなります。
また、例年人気の高い新米や夏秋が旬のフルーツなどの先行予約がはじまるケースもあるので、申し込む場合は早めにおさえておくほうがいいでしょう。

夏場はやや落ち着いてきますが、この頃に返礼品のリニューアルを行う自治体も。
秋頃になると年末に向けて申込件数が多くなるので、到着時期にこだわらない返礼品であれば、夏までに申し込んでしまうのもおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ