無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いつものメイク最低限ここだけ気を付けて!目元だけで垢抜けを叶える「簡単アイメイクテク」

メイク

見落としがちな「メイク後のチェック」が重要!

まず、どんなアイメイクをしたあとでも、鏡でしっかりと仕上がりをチェックするのが重要です。

アップと引きで出来栄えをチェックし、少し調整をするだけで垢抜け顔に近づけることができます。

まず目元をアップで見てみて、アイシャドウの塗り方が適切かチェックします。

このように、気合を入れすぎて濃く塗りすぎた!なんて経験、一度はあるのではないでしょうか。

アイシャドウを塗りすぎた場合、塗りすぎた色があまり濃くない場合は、指や何もついてないブラシで撫でてオフすればなじんでくれます。

写真のように色が濃い場合は、拭き取るとかえって濃い色が広がってしまう可能性があるため、ベースカラーを上から重ねることで調整可能です。

写真のように、アイシャドウのベースで使った色をブラシにとって使います。

こうすることによって、濃い色が広がらず、すっきりと落ち着いた仕上がりにすることができます。

逆に、アイシャドウが物足りなかったり、なんだかのっぺり感が気になる…という場合は、まぶたにハイライトを追加するのがおすすめです。

使うのはアイシャドウパレットで一番明るい色か、写真右のようなハイライターでもOK。

まぶたの、黒目の上に明るいカラーを入れるだけで、目元に立体感が出てアイメイクの仕上がりがワンランクアップします。

たった一手間で目元に立体感が出る、簡単なテクニックです。

片目ずつ目元をアップで確認したら、最後に引きで目元全体を確認します。

重要なのが、左右のバランスが合っているか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ