無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性をドキっとさせる「正しい褒め方」

長谷川のりこ(恋愛カウンセラー)

恋愛・結婚

「なぜあの子は一見どこにでもいる普通の女の子なのに、いつもチヤホヤされてモテモテなのだろう?」
「一体、私と何がちがうのだろう?」

こう疑問に思ったことはありませんか?実は、女性が好かれる一番の要素とは「見た目」ではないのです。モテる女性が男性の心を自然に掴んでいる要素、それは「相手を喜ばせるのが上手」だということです。そしてその人を喜ばせることの多くは、「人をほめるのが上手」かどうか?  という部分なのです。

■ほめ方が上手い人の共通点と上手なほめ方

しかし、ただ闇雲にほめれば誰でも簡単にモテるのか? というと、そうではありません。ちゃんと上手なほめ方、下手なほめ方というのがあるので、相手を上手にほめるコツをきちんとマスターすることが大切です。

では、早速、ほめ方が上手な人と下手な人を比較してみましょう。

◇ほめ方が上手い人と下手な人

ほめ方が上手な人と下手な人、一番のちがいは、実はその言い方に「リアリティ」「真実味」があるかどうか? ということです。

☆ほめ方が上手い人

相手を上手にほめる人は、いつも「気持ち」がこもっている言い方をしています。つまり、表情が明るく、声のトーンにも抑揚があり、「本当にそう思っている感じがする」「自分に対してよいイメージを持ってくれている」というリアリティのある言い方に対して、好感を持たれているのです。

☆ほめ方が下手な人

一方、ほめ方が下手な人というのは、その言い方に「気持ちがこもっていない」「嘘っぽい」「適当に言っている」「無理やりほめている」というような印象を抱かれます。それは、相手のどこをほめているか? ということよりも、声のトーンやテンションが低すぎたり、表情が暗いか無表情なことが原因だったりします。

つまり、ほめ方が上手な人と下手な人のちがいは、「全体的な言い方」という部分なのです。

◇人を喜ばせる理想的なほめ方のコツ

では、人を喜ばせる理想的なほめ方について、具体的に解説していきましょう。

☆まずは相手の話をよく聞く

まず、最初のステップは、ほめる前に「相手の話をよく聞くこと」です。ほめることは、会話の中の一部分なので、この最初の「よく聞く」というステップが抜けていると、相手に「僕の何を知っているの?」「どこを見てそう言っているの?」「みんなにそう言っているのでは?」という疑問を感じさせてしまい、「嘘っぽさ」が出てしまいます。

逆に、ここでしっかり相手の話を頷きなから、興味深く聞いて、その後で相手のことをほめると、「あぁ、本当にそう思っているのだな」と、ほめられている内容に対しての理由が納得できるので、真実味が増すのです。

つまり、「ほめる」ということはコミュニケーション上において、単体では存在しないので、ほめ言葉の前の会話が、いかに自然な流れか? ということが、「人を喜ばせるほめ方」に影響しているのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ