無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ジブリパーク開園プレイベント「ジブリの大博覧会」愛知にて開催!

旅行・おでかけ

愛知県美術館にて、展覧会「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~ 」が2021年7月17日(土)から9月23日(木・祝)まで開催されます。

「ジブリパーク」開園のプレイベント「ジブリの大博覧会」

「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~ 」は、懐かしの映画ポスターやグッズ、未公開の原画など、ジブリ作品にまつわる貴重な資料を展示する人気の展覧会。2015年の愛・地球博記念公園での開催を幕開けに、5年間で国内全11ヶ所を巡り反響を得ています。

そんな「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~ 」が、“ふるさと”愛知でついに完結。第1回目と比べ約5倍の展示面積に拡大し、全ての展示物を勢揃いさせた集大成で、2022年秋に開園する「ジブリパーク」のプレイベントを飾ります。

『天空の城ラピュタ』の “空飛ぶ巨大な船”の大型模型展示

注目は、東京展でも注目を浴びた愛知県初登場となる『天空の城ラピュタ』の “空飛ぶ巨大な船”を再現した大型模型の展示。ダイナミックに頭上を浮遊する姿からは、アニメの世界観をそのまま体感することができます。また、同じく空飛ぶ機械として、『紅の豚』や『風立ちぬ』に登場した飛行機などを紹介します。

スタジオジブリ作品全てのポスターを一堂に会す

ポスタールームでは、スタジオジブリ作品全てのポスターを一堂に展示。キャッチコピーのメモなど、一般には公開されなかった貴重な資料や原画も公開されます。歴代作品の公開当時に作られた貴重なグッズや書籍を数え切れないほど集めた「ジブリの倉庫」も必見です。

ネコバスや大きいトトロのぬいぐるみも

館内には、『となりのトトロ』でおなじみのネコバスや、大きいトトロのぬいぐるみも展示。スタジオジブリ35年の歩みを振り返りながら、子供から大人までジブリの世界観を楽しめます。

「ジブリパーク」とは

「ジプリパーク」は、国内外で多くの人に親しまれてきたスタジオジブリ作品の世界観を表現するテーマパーク。愛・地球博記念公園の未利用地や既存施設が再整備され、「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」「どんどこ森エリア」の5つのエリアが設けられます。

【詳細】

「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~ 」
開催期間:2021年7月17日(土)〜9月23日(木・祝)
開催場所:愛知県美術館
住所:愛知県名古屋市東区東桜1-13-2
<入場券>※全て事前に日時指定の予約制
料金:一般 1,900円/高大学生 1,500円/小中学生 1.000円/障がい者 各券種の半額
入場時間枠:(1) 10:00〜10:50/(2) 11:00〜11:50/(3) 12:00〜12:50/(4) 13:00〜13:50/(5) 14:00〜14:50/(6)15:00〜15:50/(7)16:00〜16:50
以下の時間枠は金曜日のみ
(8) 17:00〜17:50/(9) 18:00〜18:50
※指定の入場時間枠内であれば、いつでも入場可。
※各入場時間枠の予定数に達し次第販売終了。
販売場所:Boo-Woo チケット(オンライン予約購入)/ローソン、ミニストップ(L コード:48222)
販売スケジュール:
・7月入場分/6月1日(火)10:00発売
・8月入場分/7月1日(木)10:00発売
・9月入場分/8月1日(日)10:00発売
ジブリの大博覧会の問い合わせ先:050-5542-8600(ハローダイヤル 9:00~20:00)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ