無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もしかして私が製造元!?ダメンズメーカーにならない心得

「男を見る目がないな…」と思うことはありませんか?お付き合いした彼が毎回ダメンズばかりなのは、ダメンズを選んでしまうだけではなく、自分自身がダメンズを「製造」してしまっているのかもしれません。そこでダメンズメーカーにならないための心得をご紹介します。

恋愛・結婚

ダメンズを製造してしまうNG行動

金銭問題はトラブルが生まれやすい

pixabay.com

パートナーがまともな金銭感覚をきちんと持っていることは大切なことです。「ついでだから」と言ってコンビニでの小さな買い物から、果ては電気料金や家賃まで支払ってあげていませんか?

pixabay.com

どんなに仲の良いカップルであっても、お金の問題はトラブルに発展します。小さな金銭のやり取りがきっかけとなって、二人の関係が壊れてしまうこともあります。

pixabay.com

一度お金のことで甘えるクセが付いてしまったら、それは簡単にやめることができません。彼をお金にだらしない男にしてしまわないよう、簡単にお金を払うのはやめましょう。

「尽くす」と「言いなり」の違い

相手を尽くすことと、ただの「言いなり」になることは違います。自分では尽くしているつもりでいても、彼の言いなりになってしまっているかもしれません。

www.pexels.com

愛される女性になるためには、尽くし上手になることも大切です。しかし浮気を許す、お金を貸す…といったように、彼のすべてを肯定して自分を犠牲にしていては、ただ彼の言いなりになっているのと同じです。

www.pexels.com

尽くし上手な女性は、好きな彼のために自分を磨く…といったように自分のプライベートな時間を大切にもします。程よい距離感があることで、尽くすことも“やり過ぎない”ができるのです。

www.pexels.com

また彼を肯定するだけではなく、自分の意見もしっかり彼に伝えることができます。「尽くす」のとは別の愛情表現もできるので、彼にとって愛すべき「尽くす女」でいられるのです。

ダメンズにさよならして幸せになる!

www.pexels.com

いかがでしたか?思い当たる部分があったらすぐに改善する努力を始めましょう。また男性を選ぶときには、その見た目や上辺だけの言葉に騙されないようにしましょうね!

記事に関するお問い合わせ