無料の会員登録をすると
お気に入りができます

10分以上は“本命の証”…!? 彼女に「長いキスをする男性」の本音4つ

恋愛・結婚

1、集中していたらいつの間にか

「大好きな彼女とのキスが気持ちいいときは、内心『もっとしたいな』と思うことがあります。
気づいたら10分くらい経っていることもありますね」(27歳/通信)

キスに集中していると、あっという間に時間が経ってしまうことがあるようです。それだけ彼女とのキスに喜びを感じているのでしょう。

2、彼女に満足して欲しいから

「僕自身、正直そこまでキスは好きじゃないんです。だけど、彼女に満足してほしいので、キスも手を抜かないようにしています。
逆に、相手のことがそこまで好きではないと、キスの時間は短いです」(34歳/IT)

キスの工程を飛ばして、早く先へ進みたいと考える人もいるでしょう。しかし、それでは相手を満足させられない可能性も。そのため、彼女へのキスには全力を注ぐようです。

一方で、彼女への愛情が薄れてきたり、ただの遊び目的の場合はキスがいい加減になるという人も。

3、愛情が伝わる気がするから

「すぐにやめてしまうより、長いキスのほうが愛情が伝わる気がする。
寝る前や休日など時間があるときは、できるだけキスに重点を置くようにしています」(32歳/広告)

適当なキスよりも、時間をかけてされるキスに満足感を得る人も多いのでは? 彼も直接口で言えない愛情表現を、キスでしているのかもしれませんね。

このように彼が積極的に長いキスをしてくれるのであれば、それは彼女を想っている証かも。

4、キスをしている自分に酔っているから

「キスをしていると解放感からか、どんどん楽しくなるんです。
昔から自分の首の角度やリップ音に酔ってしまう傾向があり、気づくと長い間キスをしていることがあります……」(30歳/コンサル)

この場合のロングキスは、彼女を思ってというよりかは、自分本位のキスですね。

あなたが苦しそうにしているにもかかわらず、彼が気づいてくれない場合は要注意。そんなときは、キスの主導権をあなたが握ったほうがいいかもしれません。

以上、彼女に「長いキス」をする男性の本音を紹介しました。

キスの時間と愛情は、一部例外はあるものの、比例する傾向にあると言えそうです。

愛情深い男性ほど彼女との時間を重視する傾向にあるため、キスも長くなるのかもしれません。自分がどのくらい大切にされているのか気になる場合は、彼とのキスを注意深く観察してみては?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ