無料の会員登録をすると
お気に入りができます

メリハリボディに! くびれ母ちゃん直伝“仙骨トレ”で腰痛&便秘も解消

美容

3つのスイッチをONにして、カラダを目覚めさせる。

「私の理想とする“3DXボディ”とは、360度どこから見ても立体的で、女性らしいメリハリのあるカラダつきのこと。これを手に入れるために筋トレを頑張る人も多いと思いますが、実は筋肉を鍛えるだけではしなやかなカラダは手に入りません。なぜなら、問題は“骨格の歪み”にあるからなんです」(YumiCoreBody代表・Yumicoさん)

人間にとって骨はカラダを支える土台に等しいもの。この土台が歪んでいる状態で筋肉を鍛えるということは、「柱がズレたまま家を建てるようなもの」なのだそう。

「骨が歪んでいるとは、正確には“骨と骨をつなぐ関節が正しいポジションをキープできていない”ということです。特に美しい姿勢を保つために重要なスイッチは、仙骨・股関節・胸椎の3つ。硬くなった関節まわりの筋肉をゆるめ、正しい位置をカラダに覚えさせることができれば、自然とボディラインも美しく整ってきます」

・仙骨(せんこつ)…カラダの土台となる骨盤の中心にある骨。仙骨が正しい位置にあると腰に美しいカーブが生まれる。

・股関節(こかんせつ)…大腿骨(だいたいこつ)の先端にある球形の部分と、骨盤のくぼみが組み合わさってできた関節。下半身の要でもある。

・胸椎(きょうつい)…背骨の一部で、首の下から肋骨の下の部分までのこと。ほとんどの人が固まっているとされる。

仙骨

「仙骨」を正しく傾けて骨盤を理想のポジションに。
カラダの土台となる骨盤を安定させるには、中心にある仙骨の“傾き”がポイント。仙骨をほんの少し前傾させて骨盤が正しい状態に戻ると、お尻が自然と引き上がったり、腰痛や便秘が解消されるなど、いいことずくめ!

ほぐす動き:仙腸関節ストレッチ(5秒キープ×左右交互に5セット)

「仙腸関節」とは、仙骨と左右の腸骨をつなぐ関節のこと。まずはこの部分をしっかりストレッチすることで、骨盤の左右の歪みを解消。トレーニングしやすい状態に仕上げていく。

STEP1:仙骨に本を当てて、仰向けになる。

床に仰向けになり、お尻の割れ目の上にある仙骨に辞書など少し厚めの本を当てる。本で仙骨がしっかりと固定されているのを確認。全身の力は抜いてリラックスすること。

POINT…本の上部に仙骨全体が当たるように置きましょう。

STEP2:左ひざを胸に引き寄せる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ