無料の会員登録をすると
お気に入りができます

眉毛がなくて悩んでるならやらないともったいない!薄眉さん向け「基本の垢抜け眉」の描き方

メイク

眉毛が薄いせいで眉メイクが上手くいかない…というお悩みがある方も多いのではないでしょうか。今回は毛が生えていない部分も自然にカバーできる、基本の垢抜け眉の描き方をご紹介します。

使用アイテム

今回の眉メイクで使用するアイテムです。

CEZANNE 超細芯アイブロウ
極細のペンシルで狙ったところにピンポイントで1本1本描き足せるアイブロウペンシルです。

CEZANNE パウダリーアイブロウ
2色入りのパウダーで自然な濃淡を作ることができます。ふんわりした粉質でぼかしやすく、初心者の方にも使いやすいアイブロウパウダーです。

デジャヴュ アイブロウカラー
細く小さなブラシで小回りがきくため、地肌に付きにくく眉毛1本1本をしっかり染めてくれるアイブロウマスカラです。

アイブロウペンシルの使い方

それでは眉の描き方を解説していきます。

まずはアイブロウペンシルを使用して眉の輪郭を決めます。

眉山の位置は黒目の外側の延長線上、眉尻の位置は小鼻と目尻の延長線上に作るとバランスの取れた美しい眉になります。

眉の下側のみにガイドラインを引きます。表情を動かしてチェックしながら、骨格に沿ったアーチ型にすると自然です。

アイブロウパウダーの使い方

次にアイブロウパウダーを使用して眉の隙間を埋めていきます。

濃い色をブラシに取り、眉尻側からパウダーをのせていきます。眉の中央辺りまで埋まったら、次は淡い色をブラシに取り眉頭に向かって乗せていきます。

眉頭はふわっと乗せる程度に留め、自眉を生かすと抜け感のある眉になります。

アイブロウマスカラの使い方

最後に眉全体にアイブロウマスカラを塗ります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ