無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これひとつでいろんなコーデに合う!万能シンプルトートバッグ5選

容量はたっぷり、カラーも豊富でコーデにプラスしやすいキャンバストートバッグ。毎日使うのであればいいものを使いたいですよね。今回は機能性やデザインにこだわりがあるキャンバストートバッグを制作している5つのブランドを紹介します。使っていくほど大切に思えるようなキャンバストートバッグが盛りだくさんです。

ファッション

シンプル&こだわり帆布生地が魅力的なキャンバストート

はじめに紹介するのは、「UTILITY canvas(ユーティリティ・キャンバス)」のキャンバストートバッグ。MADE IN USAにこだわるご夫婦によって誕生したブランドです。こちらは一般的なトートバッグ生地よりもさらに丈夫でしっかりとした生地で作られています。デザインについては洗いざらしの風合いが感じられ、どんなコーディネートにも馴染んでくれそうです。外側のステッチも特徴的で、可愛らしい印象を与えてくれますね。内側にはポケットもついていて、パスケースなどが収納できるものうれしいポイントです。

日々に寄り添うキャンバス生地の魅力。「UTILITY canvas(ユーティリティ・キャンバス)」のトートバッグ | Sheage(シェアージュ) https://sheage.jp/article/4845

1点ずつ丁寧に作られる、コロンと可愛いワンショルダー帆布トート

丈夫で使い勝手がいい帆布生地を使用し、1点ずつ手づくりでバッグを製作しているブランド「ateliers PENELOPE(アトリエぺネロープ)」のワンショルダートート“Plain”。布地には使い心地が軽い10号帆布を使用していて、お出かけににぴったりです。また、ちゃんと内側のポケットもついているので旅先でのバッグインバッグとしてもおすすめです。豊富なカラーバリエーションが展開されているので、お気に入りのカラーを手にしてみてはいかがでしょうか。

日々に寄り添うスタンダードアイテム「ateliers PENELOPE」の帆布バッグ | Sheage(シェアージュ) https://sheage.jp/article/5782

どんな用途・コーデに合わせる?おしゃれなキャンバストート

岡山県倉敷市の綿帆布にこだわり制作を行っているバッグブランド「SATTE HANPU(サッテハンプ)」からは、自分の用途別にバッグのスタイルを選べる“Bag in bag from Sattehanpu”をご紹介。バッグの横面と底の布の厚みを変えることで型崩れせずに単体でも自立できるように設計されています。底部分にはパラフィン加工がされていて防水効果もあるので汚れにも強く作られています。お気に入りアイテムが綺麗に保てるのは使う側として嬉しい機能ですね。上の部分は薄い帆布を使用しており、折りたためるようになっているのでクラッチバッグとしても活躍してくれます。

使うたびに小さな幸せを感じる。ハンドメイドならではのこだわりが詰まった「SATTE HANPU」の帆布バッグ | Sheage(シェアージュ) https://sheage.jp/article/7012

コーデのポイントに。抜群な機能性も嬉しいキャンバストートバッグ

コーディネートに華やかさをプラスしてくれる「hanelca(ハネルカ)」の“hanelca tote bag 縞×朱色”。朱いストライプが珍しく目を惹くデザインなのでモノトーンコーデの差し色に取り入れても素敵です。ノートパソコンや大きめファイルまで入るサイズで、トップにはファスナーがついているので安心感があります。また、中にキーチェーンなどを取り付けられる金具もついているので、かわいらしさだけではない機能性に富んだトートバッグです。

たくさんの色や模様から、お気に入りの組み合わせを。「hanelca」の帆布バッグ | Sheage(シェアージュ) https://sheage.jp/article/13143

開けてびっくり、外から中まで考え抜かれたキャンバストート

帆布を用いたユニセックスで使える「daisyhill(デイジーヒル)」のキャンバストートバッグ。自分好みのオーダーカラーができ、パーツごとに色を変えることで組み合わせの楽しさを味わえます。しかも楽しめるのは外側のカラーだけではありません。なんと中の継ぎ目はいろんな柄がミックスされたパッチワークデザインになっているのです。外から見ても中を開けてもデザインに見惚れてしまいそう。サイズ展開はS、M、Lの3種類あるのでお弁当バッグやメインバッグなど使いたいシーンに合わせて選んでみてくださいね。

内側のデザインも魅力。カラーオーダーできる「daisyhill」の帆布トートバッグ。 | Sheage(シェアージュ) https://sheage.jp/article/13861
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ