無料の会員登録をすると
お気に入りができます

《公園ママSNAP》モノトーンで高見せがカジュアルコーデの新常識

ファッション

中嶌杏里さん(37歳・13歳の女の子と11歳の男の子ママ)

Tシャツ×デニムのワンツーコーデもジレを羽織れば部屋着から一気にタウン仕様に様変わり。麻素材のジレなのでこれからの季節に大活躍してくれそう。すべてシルエットに定評があるセオリーのものだから、スタイルアップも叶います。ヴィトンのスニーカーは今季のもの。以前から持っていたバッグとお揃いだったので購入しました。

小川安理沙さん(31歳・4歳の男の子と2歳の女の子ママ)

パパがお買物が好きなので、週末は家族でよくショッピングに出かけています。昔はワンピースとかをよく着ていたけれど、子供が出来てからはシンプルなスタイルが多めに。甘めが好きなのは変わらないのでZARAのティアードブラウスだったり、サイドにパールの付いたMyuのデニムにはついつい手が伸びちゃいますね。

鈴木かなさん(42歳・6歳と4歳の男の子ママ)

名古屋に友人がたくさんいるので、アフタヌーンティーを楽しみに来ました。ペタンコ靴でもホテルに入れる上品さを意識して、フェラガモのスタッズ付きスリッポンをセレクト。プラステの白パンツとセレクトショップで購入したバルーン袖ブラウスでモノトーンにまとめれば、カジュアルだけどきちんと見えるコーデの完成です。*掲載中シャネルのバッグは読者の私物につき、ブティックへのお問い合わせはご遠慮ください。

小川久美子さん(29歳・2歳の女の子ママ・第2子妊娠中)

7月出産予定なので、だいぶお腹が大きくなって着られるものが少なくなってきましたが、グローバルワークのシャツワンピはゆったりしていてお腹が隠れるし、前開きだから出産後の授乳にも使えそう。マタニティパンツは周りでも評判だった無印良品で購入しました。2歳の子はまだまだ荷物が多いのでバッグはプラダの大きめで。

奥平成美さん(33歳・5歳と2歳の男の子ママ)

妹家族と一緒に姪っ子のランドセル選びに来ましたが、動きたい盛りの子供たちなので少し公園で遊んでからいきます。セントジェームスのボーダートップスは王道だからこそクリーンな印象を保てるので1枚持っていて間違いないアイテムです。ザ・公園コーデになりすぎないように、足元はスニーカーでなくZARAのフラットパンプスで。

Hisaya-odori Park

2020年に久屋大通にオープンした南北約1キロにわたる公園と店舗が一体化した新施設。ZONE1~4の4つのエリアに分かれており、北に行くほど広場が多く、子連れには優しいスポットとなっています。買物の休憩に、ランチに、散歩にと多目的に使えて便利。

こんな記事も読まれています

若作りに見えない方法は?「甘衿ブラウス」コーデスナップ4!
【1万円以下の黒パンツ】で高見え公園コーデ6選

撮影/安井利恵〈スタジオシン〉 撮影協力/Hisaya-odori Park、名古屋テレビ塔 取材・文/佐野祐子 編集/鈴木恵子

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ