無料の会員登録をすると
お気に入りができます

完璧じゃなくても大丈夫♡おさえるだけで垢抜ける!美人眉のポイント3つ

メイク

みなさんこんにちは、huis(ゆい)です。メイクの悩みで多いのが眉メイク。皆さんも眉メイクを苦手に感じている方は多いのではないでしょうか?今回はダサ見え眉にならない、美人眉にするポイントをいくつかご紹介致します。

完全に左右対称じゃなくても美人眉は作れる!

眉メイクで1番多いのが、左右対称に描けない!というお悩み。確かに左右対称な眉を描くって難しいですよね。

でも上手く描けないからと適当に描いて、大きなばらつきがあるとダサ見えしてしまうので要注意です!

多少の差は全く問題ありません。左右の目の大きさや二重の幅が違うように、眉も完璧に同じに描く必要はないんです。

眉頭・眉山・眉尻の大体のポイントを決めると左右の眉毛がそろってみえて、美人見えしやすいですよ♡

左右対象見えする眉に仕上げるコツ

まずは大きな鏡を用意しましょう。コンパクトミラーで顔に鏡を近づけて描くと、左右にばらつきが出て、失敗しやすくなってしまいます。

鏡は顔から離して遠目から見たり、近づけて見たりを繰り返しながら描いた方が左右のバランスがとりやすいですよ♡

次にポイントを決めてペンシルで印をつけます。

印をつける場所は以下です。

小鼻の延長線上…眉頭

眉山…黒目の終わり〜目尻の間

眉尻…小鼻の膨らみから目尻を結んだ延長線上

その点に沿って眉を描けば左右に大きなばらつきがなくなり、左右対称な美人眉に近づきます。

慣れてくれば、印を付けなくても描けるようになってくるので、日々のメイクで練習していくといいですね!

自眉と描き足し部分が自然な美人眉

元々薄眉の方、また誤った自己処理によって眉毛が生えてこなくなってしまった方に多いのが、自眉と描き足し部分が不自然に浮いてしまっている眉。

毛が足りない方にとっても重要なのはアイテム選びなんです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ