無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こんな使い方もあったんだ! 梅雨時のコインランドリー活用術

ライフスタイル

コインランドリーは、洗濯機がない人のみが行く場所ではありません。

洗濯物がなかなか乾かない、梅雨時期。生乾きの洋服や部屋干し臭のせいで、余計に気分がめいってしまいますよね。

そんなお悩みを一気に片付けてくれるのが、コインランドリーです。

fumumu取材班が、コインランドリーの便利な使い方について、詳しい話を聞きました。

①仕上げのみ乾燥機を利用

「洗濯は自宅で済ませ、乾燥のみコインランドリーを利用しています。100円分回すだけでフワフワに仕上がるので、コスパ最高です!」(20代・女性)

②フリーWi-Fiでノマドワーク

「コインランドリーの待ち時間はばかにならないので、フリーWi-Fiが設置されている店舗を選び、仕事をしながら待っています。
最近はカフェが併設されているコインランドリーもあり、コーヒーを飲んだりパンを食べたりしながら快適な時間を過ごすことができますよ」(20代・女性)

③乾燥機でダニ予防

「ダニ予防のために、コインランドリーの乾燥機を活用しています。梅雨時期はダニの繁殖期らしく、湿った布団はダニの温床になる恐れがあるそうなので。
でも、70度以上の高温になるコインランドリーの乾燥機を使えば、ダニは死滅するらしいですよ」(20代・女性)

④靴専用洗濯機でスニーカーを丸洗い

「雨に濡れたスニーカーは、コインランドリーの靴専用洗濯機で丸洗いしています。汚れたスニーカーをそのまま放置してしまうとシミになってしまったり、悪臭の原因になったりするので」(30代・女性)

⑤リアルタイム稼働状況を事前確認

「コインランドリーに行く前には必ず、HPでリアルタイムの稼働状況をチェックしています。梅雨時期は空いている乾燥機がないこともありますが、確認してから出かけることができれば、洗濯物難民にならずにすみますよ。
ちなみに、専用アプリを使えば終了時間もひと目で分かるので、待ち時間に外出することもでき便利です」(20代・女性)

洗濯物がフワフワに仕上がるだけで、気持ちが晴れます。コインランドリーを上手に活用して、鬱陶しい梅雨時期を乗り越えたいものですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ