無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生ゴミのニオイ問題がゼロになる?!プロが教える!最強の「生ゴミ処理方法」

ライフスタイル

整理収納アドバイザーのhanaです。夏が近づくとキッチンに漂う生ゴミのニオイ、嫌ですよね。筆者は、これまで様々な方法を試しましたが、どれも根本解決しませんでした。しかし昨年「生ゴミ冷凍」を始めたら見事に解決!もうこの方法以外考えられません。正に最強!今回はこの「生ゴミ冷凍」をご紹介します。

結局、ニオイを封じ込めるには「冷凍」しかない

「え?!生ゴミを冷凍庫に入れるなんてありえない!」と思った方もいらっしゃいますよね。

筆者も最初はそうでした。でも、今では毎日生ゴミを冷凍する日々です。

では、その経緯をご紹介します。

生ゴミのニオイ問題、何年も前から悩んでいました。これまで、「袋を二重にする」「重曹をかける」等の方法を試しましたが、どれも緩和される程度で臭うモノは臭う…。ゴミの日が来ると真っ先に出して撃退!を繰り返していました。

そんな時、「生ゴミ冷凍」のことを聞き、最初は抵抗がありましたが、「生ゴミも元々は冷蔵庫に入っていた食品。腐る前に冷凍すれば大丈夫。」という考え方に納得し、とりあえず試すことにしました。

そしてその結果、見事に生ゴミのニオイ問題がゼロになりました。何年も悩んでいた生ゴミのニオイ問題が一気に解決したのです。

結局のところ、「生ゴミが常温で存在する限り、どんな対策をしたところで臭うモノは臭う。根本的に封じ込めるには冷凍するしかない」という事実に改めて気付きました。

どうでしょう?みなさんも試してみたくなりませんか?

それでは、「生ゴミ冷凍」の導入手順をご紹介します。

「生ゴミ冷凍」の導入手順

《手準①》冷凍庫に生ゴミを入れるスペースを確保する

「生ゴミ冷凍」は、冷凍庫に数日分の生ゴミを入れられるスペースを確保する必要があります。もし、パンパンな場合、これを機に中身を整理してスッキリさせましょう。

確保できたら、専用ケースか大きめの袋を用意して入れてくださいね。

〇必要なスペースの例

「4人家族」「ゴミ収集が週2回」の筆者は、3~4日分の生ゴミを入れるスペースとして幅25cm×奥行32cm×高さ12cmの専用ケースを用意しています。

《手準②》生ゴミをポリ袋に入れて縛る

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ