無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鈴木亜美、ガチすぎる節約術に反響 家族4人分のおかずは「500円で足りる」

エンタメ

鈴木亜美さんが家族4人を切り盛りする節約術を披露。驚きのワザに反響が集まっています。

歌手の鈴木亜美さんが、『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に出演。

買い物や食材の保存方法、さらにレシピまで、ガチすぎる節約術を披露し反響が寄せられました。

■実は「すごい節約家」

28日放送の同番組では、「ドケチ芸能人の節約ワザ」を紹介。鈴木さんは”超ケチケチ芸能人”として、自身の節約術を披露していきます。

90年代には、音楽プロデューサー・小室哲哉さんプロデュースのもと、大ヒット歌手として活躍した鈴木さんですが、本人いわく「小さい頃から貧乏」だったため、「すごい節約家」なのだとか。

現在、夫と子供2人の家族4人で暮らすものの、「(家族全員分の)おかずは500円以内で十分足りてますね」と、節約家としての自信を見せました。

■お肉は激安ジャンボパック

そこで番組では、鈴木さんの買い物から密着。向かったスーパーは、オープン前から行列ができる「ジャパンミート」。”100g79円の1キロ入り豚小間”や、”100g75円の1.5キロ入り豚ひき肉”などの激安ジャンボパックを購入し「一番ここが安い」と説明します。

そして帰宅後は、購入したお肉を小分け作業するのですが、ここでも節約術が。通常は1食分ごとにラップでくるみがちですが、鈴木さんはお肉とラップを重ねてミルフィーユ状に。すると「保存袋を何枚も使わなくて済む」のだそう。

大量のお肉を効率的に保存でき、さらに1回分を簡単に取り出せるとのことで、スタジオからも「なるほど〜」と感心の声があがりました。

■無駄のないおかずレシピ

小分け作業が完了したら、いよいよ”家族4人で1食500円のおかず”作りがスタート。

豚小間にもやしを乗せてかさ増しした「カツレツ」。500g322円で購入した激安ウインナー6本。さらに、その茹で汁で「ウインナーの茹で汁スープ」を作成。

栄養面もしっかり考えている様子の美味しそうなメニューですが、なんと材料費は500円を下回る303円という結果。見事すぎる節約術を披露しました。

■「あのアイドルの亜美ちゃんが…」

VTRが終わると、スタジオでは坂上忍さんが「あのアイドルの亜美ちゃんが…母は強しというか」「あのマメさがあるから本当良い奥さんだなと思いました」と絶賛。

坂上忍

視聴者からも「めっちゃ節約家で料理上手なんだ」「節約術ってか料理うまいよね」「家族のためにもなるしこれは偉いわぁ」「庶民的で好感もてるなぁと思う!」などの声が寄せられました。

スグにでもできそうな鈴木さんの節約術。ぜひ第2弾も見たいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ