無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[医師が監修]マスク着用時も日焼けするの? 今さら聞けない「UVカット基本のき」

美容

在宅ワークやマスク着用が日常になり、紫外線リスクも減ったかのように思われる今。UVケアに対する意識も低下気味? でも実は、そんな無防備な肌こそ標的に! まずは、白肌女医の友利先生と一緒にUVの基本をおさらいして、正しい知識を身につけましょう。

気をつけるべき紫外線は3種類!? UVのこと、どれくらい知ってる?

どれも怖い! 真皮まで届くUV-A&ロングUV-A、

炎症を起こすUV-B

太陽には目に見える光と、目に見えない赤外線と紫外線(UV)があり、紫外線はUV-A、B、Cに分かれます。このうち地上に到達するのはAとB。UV-Aは肌の真皮まで届いてシミやシワの原因になる上、Aの中でも波長の長いロングUV-Aは真皮の奥へ到達し、皮膚を支えるコラーゲンやエラスチン繊維にダメージを与えてしまいます。一方、UV-Bは赤みやヒリつきを起こしたり、DNAを傷つけることも。

日差しの強い時間帯や、夏だけのUVケアじゃダメって本当!?

曇りや雨、朝や夕方、秋や冬も! 毎日、紫外線は降り注いでいます

曇りでも晴天時の約60~90%もあると言われる紫外線。特にUV-Aは厄介で、朝から少しずつ増え始め、夕方もほとんど減りません。さらに、UV-Bの量が冬は夏の約1/5まで減るのに対し、ダメージが目に見えないUV-Aは1/2程度と、冬でもかなりの量が降り注いでいます。メラニンは、言わば定期預金。満期になってシミが溢れ出す前に、通年で対策を。

日陰でも日焼けするの? 反射光と散乱光って何?

直射光だけじゃない! 日陰でも あらゆる方向から紫外線が!

反射光とは、地面や壁などに当たった光が跳ね返ってくる照り返しのこと。雪や砂浜では反射率が高く、アスファルトでも約10%もの反射が。散乱光は空気中のチリやホコリなどに光が当たり、様々な方向に進路を変えたもの。日中、日陰でも明るいのは散乱光が原因です。日陰でも、あごの下や耳の裏まで日焼け止めを忘れずに。

知ってるつもりの「SPF」「PA」、 正しく理解してる?

SPFはUV-Bを防ぐ時間的な目安、 PAはUV-Aの防止レベルが分かる!

SPFはSun Protection Factorの略で、どれだけ長くUV-Bを防げるかという目安。15~20分が1単位で、例えばSPF30なら理論上は450~600分ほど肌が赤くなるのを防ぎます。PAはProtection grade of UV-Aの略で、UV-Aを防ぐ指標。+が多いほど高効果。ただし日焼け止めは汗や摩擦で落ちるので、2~3時間ごとに塗り直しを。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ