無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アラサー女子でもイタ見えしない♡メイク講師が教えるナチュラルデカ目メイクのコツ

メイク

メイク講師ナチュラルだけどのrina.muraiです。いくつになっても、アイメイクでは盛りたい、デカ目になりたい!そんな人も多いのでは?今回は、アラサー女子がやってもイタ見えしないデカ目メイクをご紹介します。

②の色を目のキワ、まぶたの中央に置いて、指を左右に動かして塗り広げます。さらに指を少しずつ上に動かし塗り、そのまま目の丸みに沿って、横にも広げていきます。

③の色を、まつげのキワに付属のチップを使って乗せていきます。この色がとっても重要で、目のキワにアイシャドウの濃い色をぬることにより、

ナチュラルだけどデカ目に見える。という効果が期待できます。

下まぶた

①の色を下まぶたに塗ります。目頭から目尻にかけて塗っていきますが、目尻4分の1は塗らずに、抜け感を作ります。

こうすることにより、自然な涙印象の袋が形成され、ナチュラルデカ目効果が得られます。やりすぎてないのに、

②の色を、付属のチップを使い、目尻3分の1に塗ります。

アイライナー

使用したのはニブリクイドアイライナー ブラウンです。

まつげとまつげの間をアイライナーで埋めていきます。目力アップにはこの隠しラインが重要です。

そして、目尻はまつげの生え際の数ミリ延長線上に書き足します。

これだけでとても目が大きく見えるようになります。

ポイントは、滲みにくいアイライナーを使うこと。

今回使用したアイライナーは、涙や汗に強くて滲まないのにお湯で落ちるという優れ物で、滲みやすいまつげとまつげの間を、埋めるのに最適なアイテムです。

滲みやすいアイライナーを使用してしまうと、パンダ目になったりしてしまい、目の周りが黒くなってしまうので、ご注意を。

マスカラ

使用したのはD-UP パーフェクトエクステンション forカールマスカラです。

ダマにならないように、マスカラを上下に塗っていきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ