無料の会員登録をすると
お気に入りができます

SHELLY、セルフプレジャーに罪悪感を抱く女子に「刷り込みです」

エンタメ

性教育チャンネルを運営しているSHELLYさん。若い視聴者から寄せられた、性に関する声&質問に生配信で回答しました。

26日、タレントのSHELLYさんが自身のYouTubeチャンネル『SHELLYのお風呂場』(登録者数21.7万人)にて生配信を実施。

SHELLY

若い視聴者たちから寄せられた、性に関する質問に真面目に回答しました。

■性教育のYouTubeチャンネル

YouTubeでは、セルフプレジャーやセックス、ピルやLGBTQ+…など、性やジェンダーに関する様々な事柄をテーマにした動画をアップしているSHELLYさん。今回は「この夏休みにエッチ/ひとりエッチしようとしている君たちへ」と題し、視聴者の声に答えながらやり取りを楽しんでいきます。

例えば「足ピンしたらいけないことすら知らなかったのでタメになりました」という声。足をピンと伸ばした状態で自慰行為をすることを指す言葉で、お尻や足を緊張状態にすることで、刺激を強くする…というのがそのメカニズム。「床オナ」「強グリップ」と並んで膣内射精障害の原因とされています。

【動画】性に関する、若いリスナーの質問に真面目に答えたSHELLYさん

■足ピンで悩む女子にアドバイス

これに対し、SHELLYさんは「勝手に足ピンって男子のイメージがすごくあって」としつつ、「動画のコメントで女子から『悩んでます』って声をいっぱいいただいて…」と告白。治し方を知りたいと思う女性も少なくないようです。

そんな女性たちに、SHELLYさんはお尻や太ももの筋肉を緊張させないというアドバイスを送ることに。「パートナーとのセックスだと『イケない』ってなるともったいないので」「普段自分でセルフプレジャーするときから、なるべく太ももとお尻の筋肉をリラックスした状態」にすることを心がけようと話しました。

■セルフプレジャーへの罪悪感は「刷り込みです」

「ひとりでしたあと、すごく罪悪感が残ります」という声には、「これはね、本当に刷り込みです」と語ったSHELLYさん。

宗教的な理由や、周囲の大人やテレビ等のメディアの影響など、そう思う理由は人それぞれであると前置きしたうえで、「そういうことを楽しんでる自分は悪いことをしてるんだっていうふうに思っちゃうんですけど、一切悪いことじゃないし」「自然なことだし、健康的なことだし、むしろ体にいいこと」だと述べます。

そして、「罪悪感を必要はまったくないです」「誰も傷つけてないですし、自分で楽しめば」と続けました。

■質問に真面目に答える姿勢に反響

その後も「セルフプレジャーすると男性ホルモンが増え、肌荒れするのでは?」「膣に指や物を挿入するのが怖い」「行為中に写真撮影したいと述べるパートナーへの対応」など、様々な声&質問に、時折専門家に聞いた話を交えながら答えていったSHELLYさん。

今回の動画に対し、コメント欄では「ほぼ無利益で大切なことを教えてくださるシェリーさんには感謝しかないです」「こういう大事なことを教えてくれる人がいるのありがたいな〜」「私はこの配信してくれたシェリーさんに金メダルあげたい」などの声が確認できます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ