無料の会員登録をすると
お気に入りができます

12星座別![2021年8月占い]「運命が大激変する」のは誰?

占い

7月28日(水)に幸運の木星が魚座から水瓶座に戻った影響で、さっそく運気の流れが変わったことを感じた人もいるのではないでしょうか? 8月はそんな運気の変化の波がさらに大きくなっていきます。そこで今回は、占い師の月風うさぎさんに8月の運勢とこの時期にすべきことを星座別に詳しく紹介してもらいました。8月をどう過ごすかによって、秋に得られる成果や収穫にも違いが出てくる可能性も。しっかりチェックしてみてください。

おひつじ座(3/21~4/19生まれ)

7月までのグズグズムードが一変! おひつじ座生まれの明るくポジティブなキャラに注目や人気が集まりそう。ただ、引き寄せられてくるのは嬉しいことばかりではない暗示。

恋愛面ではモテすぎて周りからの嫉妬を買いそう。最初にハッキリと自分の狙いや本音を伝えておくのが、やっかみされることの予防に。仕事では、目立つあなたに圧をかけてくる人がいるかも。まともにやりあうと面倒なので、さらっと聞き流して。

おうし座(4/20~5/20生まれ)

社交運が華やかだった7月とは打って変わり、8月は引きこもりモード。ただ、無理に外に出てもトラブる可能性が高いので、今月はおこもりライフを楽しむのが正解です。

恋愛運は意外に好調。一途に尽くせば、一度離れた彼も戻ってきてくれるかも。ビジネス面では、やり方や配属が変わってプチパニック。秋以降、仕事運が本格化してくるので8月中に慣れておきましょう。

ふたご座(5/21~6/21生まれ)

ちょっとした変化があちこちで起きそうなのが、8月のふたご座。ひとつひとつは小さなことでも、あとで振り返ると“ここがターニングポイントだった!”と気づくはず。

ラブ運は中旬以降に急上昇! お盆中に意外な相手から告白される期待あり。仕事面では持ち前の閃き力を活かせる場面が増えて、大活躍できそう。いろいろなアイディアや企画を出して、未来への種まきをしてみて。

かに座(6/22~7/22生まれ)

5月中旬から続いていた忙しさが落ち着き、穏やかな日常が戻ってきそうです。季節はそのときバカンスシーズンを迎えているでしょう。疲れた体や心を休めるべく、ヒーリングタイムをたっぷりととるようにして。

恋は急がば回れ。コツコツと相手に愛と優しさを注ぎ続けることが、ハッピーエンドへの近道に。仕事運は小休止。ノルマを消化したら、あとは無理しないように。余力を残しておくと秋に役立ちます。

しし座(7/23~8/22生まれ)

8月はしし座にとって誕生月であり、新たな運命が動き出す重要な1か月です。特に前半は、これまで大事にしていた絆や関係が壊れるなど、ショックな出来事があるかもしれません。

恋愛運もシリアス。別れや失望を経験する人もいそうですが、それは本当の幸せに出会うための試練です。前向きに受け止めて。仕事運は後半にブレイク! 願ってもいないチャンスやオファーが舞い込むかも。

おとめ座(8/23~9/22生まれ)

7月末におとめ座に入った火星が猛威をふるう8月は、アンガーコントロールが転ばぬ先の杖に。イライラしやすい場面が多い中旬までは特に、深い呼吸を心掛け、気持ちを常に静める努力を。

大逆転が起きそうなのは、恋愛面。体当たりのアタックが、相手のハートに刺さり、感動の結末を呼びそう。一方、仕事運は不安定。おいしい条件や誘いには裏があるかも。直感で飛びつかず、いろいろ調べてみるべきでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ