無料の会員登録をすると
お気に入りができます

12星座別![2021年8月占い]「運命が大激変する」のは誰?

占い

7月28日(水)に幸運の木星が魚座から水瓶座に戻った影響で、さっそく運気の流れが変わったことを感じた人もいるのではないでしょうか? 8月はそんな運気の変化の波がさらに大きくなっていきます。そこで今回は、占い師の月風うさぎさんに8月の運勢とこの時期にすべきことを星座別に詳しく紹介してもらいました。8月をどう過ごすかによって、秋に得られる成果や収穫にも違いが出てくる可能性も。しっかりチェックしてみてください。

てんびん座(9/23~10/23生まれ)

8月、人生の変更プログラムがアップロードされるのは、てんびん座。元々変化には強いあなたですが、ガラリと変わる環境やメンバーに最初はついていけないかもしれません。

恋も8日の新月までは変動が多くて戸惑う可能性が。でも、22日の満月には思いが成就する暗示。素直になるのが幸せの呼び水に。仕事は分岐点。新たなステージに向けて一歩を踏み出すチャンスです。

さそり座(10/24~11/21生まれ)

停滞感が漂い始める1か月。トントン拍子に進んでいたことがパッタリ動かなくなる、いい感じだった相手が冷たくなるなど、もどかしい日々が続くかもしれません。

実はそれ、再起動のサイン。特にうまくいかないことはここでリセットを。恋も清算がテーマ。長い春や腐れ縁と手を切ればすぐ新しい出会いがあるはず。仕事の再出発は月末がスムーズ。

いて座(11/22~12/21生まれ)

8月のいて座は、恋に仕事に充実した日々を送れそう。ただし、あなたは元気でも周囲にはいろいろな葛藤や問題を抱えている人がいそう。地雷を踏みたくなければ、空気を読んで動くこと。

恋愛運は8日の新月のときにピークを迎えそう! 以降はゆるやかな下り坂に。告白や話し合いは、8月前半にすませたほうが優位に立てそう。仕事運は吉凶混合。いいことも悪いことも長続きしないので、一喜一憂しないのが一番です。

やぎ座(12/22~1/19生まれ)

やぎ座のあなたは、運命の荒波に飲み込まれ、思いがけないところに流されそう。とはいえ、辿りつく場所は一見、パッとしないように思えても、実は心安らげるユートピアの可能性が。

恋愛面ではすったもんだありそうですが、最後には笑える暗示が出ています。好きなら簡単に諦めるのは損。仕事はややキャパオーバーみたい。全部一人で抱え込まず、信頼できる人とシェアしたほうが将来的にもプラスになるでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18生まれ)

8月に運命が大変動するのは、みずがめ座です。5月中旬ぐらいから止まっていた話や計画が急に動き出したり、あちこちからお呼びがかかったりして、一気に忙しくなるでしょう。

恋もモテ期に入ります。ただ、誤解されやすい時期なので意志表示はハッキリと。曖昧な態度は揉める原因になりかねません。仕事面では、7月に続き2度目の満月がホームで起きる22日にチャンスがありそう。復職や再起動も有益でしょう。

うお座(2/19~3/20生まれ)

全体的な運気はもとより、体調や金銭面などさまざまなことで変化が起きそうなのが、うお座のあなた。あれこれ積み重なって大変かもしれませんが、1つずつクリアしていけば大丈夫です。

恋愛面でも問題は山積み。でも、時間が解決してくれる暗示があるので、今期は放置しておいてOKです。ビジネス運は不穏。担当者の変更や異動で仕事が減りそう。きちんと引き継いでもらって。転職は後半に勝機あり。

©mputsylo/gettyimages
©Stephen Welstead/gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ