無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プロのヘアメイクも実践!時間がなくても垢抜け顔に♡2STEPで完成の眉&アイメイク

メイク

ヘアメイクの森田玲子です。何かとやることの多い朝は、メイクに時間をかけられない日も多いのではないでしょうか?今回は、たった2ステップでできる、手抜き感ゼロの眉&アイメイクの方法についてご紹介いたします。時間をかけていないのに、垢抜けて見えるポイントが満載ですよ。

かんたんなのに立体的に見える眉メイク

苦手な人も多い眉メイク。メイクの中で、1番時間をかけているという人も少なくないのでは?

急いでいる日は、濃淡がつけやすくて失敗が少ない、アイブロウパウダーを使うのがおすすめです。アイブロウパウダーなら、使う色が1色のみでも、のせ方に気を付けるだけで立体感のある眉メイクが完成しますよ。

STEP1:アイブロウパウダーで色をつける

アイブロウパウダーをブラシに取ったら、①黒目の上、②眉尻、③眉頭の順で眉毛に色をつけていきます。眉毛の密度が濃いところから色をつければ、テクニックがなくても、自然なグラデーションができます。

使う色は、1色のみでOK。色を使い分けるのではなく、のせる順番を工夫して時短に。

STEP2:指でノーズシャドウを入れる

眉頭に塗ったアイブロウパウダーを、鼻の付け根に向かって指で伸ばします。骨格のくぼみに指の腹をフィットさせ、スッと目頭まで下ろすだけ。

眉頭の色もナチュラルになるうえに、ノーズシャドウが入ることで目元の彫りが深く見えて、立体感が生まれます。

工程やアイテム数を省くことで、1分以内に眉メイクが完成。色やアイテムを複数使わなくても、自分で眉の濃さを調節すれば、のっぺり感を防げます。

今回は、アイブロウパウダーに付属されたやわらかめのブラシを使って、ナチュラルな眉メイクに仕上げています。コシのある硬めのメイクブラシを使うと、アイブロウペンシルのようにくっきりした線を描くこともできます。

手抜き感ゼロの時短アイメイク

アイシャドウ、マスカラ、アイライン…と、色々手間をかけたいアイメイク。今回は、2ステップのみで仕上げたいので、アイシャドウだけでアイメイクを完成させます。

STEP 1:指でアイシャドウをのせる

メインに使うのは、深みのあるオレンジのアイシャドウ。オレンジには、目元の茶ぐすみやクマをカバーしてくれる効果があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ