無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コスメのプロ! ヘアメークさんの美しすぎる[コスメ収納]術って?

メイク

魅力的でつい買ってしまう新作、使いかけも捨てられない...とあっという間にコスメが増殖してしまい収納場所がないと悩んでいる人も多いはず。大量のコスメを取り扱うヘアメークさんの収納方法にはヒントがいっぱい。プロのテクを参考に、使いやすくきちんと収納すれば、毎日のスキンケア、メークタイムがより楽しくなります。

▼あわせて読みたい

【美容通120人にアンケート】スキンケアやメーク、どこでしてる? 収納は?

1:長井かおりさんは一目ですべてがわかって美しい!カテゴリーごとに見せる収納

理想のデザインやサイズにしたかったのでメインの棚はDIYで作製。見せる収納かつ一目でどこにあるかがわかるよう扉はなし。背の高いコスメは奥側に、一番下の段には重ためのスキンケア、ボディケア、ヘアケアを置いています。最新シーズンのものは部屋の一番目立つ棚に置いています。限定品に貼るシールはパッケージデザインを邪魔しないサイズ感のものを100均で購入。

100均の透明なケースやガラスの器で陳列

限定品はシールで区別。リップは蓋を開けて

教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 長井かおりさん

2:KIKKUさんはカテゴリー別に色分けし、透明なボックスでわかりやすく

自宅では無印良品のクリアケースにベースやアイシャドウ、チークなどを色分けし、リップはLuxspireの収納ケースに入れてスチールラックに置いています。カテゴリー別に収納し、新作は別枠に置いてわかるように。収力のある現場用のRownyeonのケースにはスキンケアやファンデを入れて、現場では立てて使います。

アイメークは立てて無印良品のポーチに

AIVILのクリアケースにスタメンをカテゴリー分け

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ