無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やりがちだけど、それ効果ありません!片付けのプロも失敗した「間違いだらけの断捨離」

ライフスタイル

こんにちは!整理収納アドバイザーの青山あきよです。お家の中を整えるためにまずは断捨離しなきゃ!という方が多いのではないでしょうか。でもやみくもに取り掛かると、せっかくの効果が半減してしまうかも。筆者が実際に経験した失敗談も含めて、注意するポイントをお伝えします。

1.とにかく減らす

とにかく量を減らせば良いというものではありません。ひとつひとつのモノと向き合い、要・不要の判断をすることが大切です。

筆者は服をまとめて処分して、スッキリしたのも束の間。いざ生活してみると必要なものが足りず泣く泣く買い足したことがあります…。

また、無理して一気に減らすとリバウンドもしやすいので、自分にとって必要なモノ・必要な量を見極めながらじっくりモノと向き合うことをおすすめします。

2.人のモノを捨てる

要るか要らないか、その判断は持ち主しかできません。

例え周りが『絶対にもう必要なさそうだな』と思っても、もしかしたら思い入れのある大切なモノかもしれません。

「このスペースが片付けばスッキリするのにな…」と、家族のモノに手を出して捨ててしまうのは思わぬトラブルの元。

自分のモノを吟味することに専念しましょう。

3.減らした分だけまた増やす

いくらモノを減らしたとしても、要らないモノがどんどん入ってきていては一向にお家の中はスッキリしません。それでは続けるやる気も無くなってしまいますよね。

チラシやDM等の郵便物など意図せず入ってくるモノから、試供品やおまけのおもちゃなど無料なのでついついもらってしまうモノなど、買わなくても色々な経路でモノはおうちの中に入ってきます。

“減らすこと”も大切ですが、それ以上に大切なのはまず不必要なモノを“増やさないこと”です。

必要のないモノをお家に入れなければ、その後そのモノを手放す作業も必要ないので、結果的に自分が楽になりますよ。

いかがでしたでしょうか。ついつい“必要の無いモノを減らすこと”に集中してしまいがちですが、本当に大切なのは“必要なものを選び取ること”です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ