無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのやり方ヤバイかも?「ダサ見えNGアイメイク」を「垢抜けアイメイク」にする方法

メイク

こんにちは!RENAです。今回の記事では、今っぽ感がなくダサ見えを招くNGアイメイクと垢抜けテクをご紹介していきたいと思います。

NGアイメイク①

ギラギラのラメアイシャドウをたっぷりアイホールに塗り、二重幅いっぱいに締め色を塗るのはNG。

ラメ感のあるアイシャドウはポイント使いが◎

また、締め色を二重幅いっぱいに塗ってしまうと、逆に目が小さく見えてしまい、目元が暗い印象に。

垢抜けテク①

マットとパールラメの質感の違うアイシャドウを使って、グラデーションを意識して指でアイシャドウを塗ります。

NGメイクに比べて、目元がパッと明るい印象になります。

NGアイメイク②

アイシャドウと違う系統の色のアイライナーを使用すると、アイライナーが浮いてしまい、不自然な目元になってしまいます。

また、アイライナーを太くいれると、キツイ印象になってしまうのでこれもNGです。

垢抜けテク②

ブラウン系のアイシャドウなら同じブラウン系のアイライナーといったように、同系色を使用することで、なじんで垢抜けた印象になります。

アイライナーを太くするよりまつ毛の間を埋める程度にし、目尻を長めに引くほうが自然に目を大きく見せてくれます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ