無料の会員登録をすると
お気に入りができます

悩めるアラフォー女子を救う♡今っぽ顔を作るメイクの押さえるべき3つの垢抜けポイント

メイク

メイク&コスメライターの古賀令奈です。「トレンドを楽しみたいけど、若作りと思われたくない」そんなお悩みはありませんか?アラフォー女子が今っぽメイクを楽しみたい時は、知的で都会的なイメージをもつグレーが活躍します。今回はグレーを主役に無理なくトレンド感を出せる、大人の今っぽメイクについてお伝えします。

ポイント1:難しそうなアイシャドウは「縦割り」で解決

グレーのアイシャドウというと、くすみや肌なじみが気になる方は多いでしょう。

その問題を解決してくれるのが、肌に溶け込むようなベージュやオレンジ。グレーに合わせて使うことで、肌なじみをアップさせることができます。

たとえば、ルナソル「アイカラーレーション」08 Mystic Mink(税込6,820円)は、お洒落な雰囲気ではあるものの、一般的な同系色で構成されたパレットとは異なるため、使い方に戸惑いを感じる方もいらっしゃると思います。

個性的な配色のアイシャドウを使う時に活躍するのが、縦割りグラデーションです。

縦割りグラデーションとは、目を縦に分割してグラデーションをつくる塗り方のこと。このパレットにかぎらず、さまざまな配色のアイシャドウで取り入れやすい塗り方です。

縦割りの時は、目頭側に明るい色を、目尻側に深みのある色を配置するように塗ります。色のテイストは違っても、明るさの濃淡をつけることで立体感のある目元に仕上がるでしょう。

この塗り方だと色のばらつきが気になりにくいですし、色の境目をぼかすと自然なグラデーションが叶います。

ポイント2:アイラインは目力よりもニュアンスを重視

アラフォー世代の女性には、ブラックやダークブラウンのアイライナーでしっかりと目力を強める方が少なくありません。こうしたメイクは目を大きく見せやすいですが、トレンド感が損なわれてしまいます。

今っぽさを出すなら、目力よりもニュアンスを。ブラックよりも軽く、ブラウンよりも洗練された印象になる、大人にとってメリットが多いカラーです。さまざまなアイシャドウに合わせやすい点も魅力でしょう。

グレーといっても深みのあるカラーだと重い印象になるため、明るめのカラーを選びたいところ。そこで、SUQQU「ニュアンスアイライナー」03 グレー(税込3,300円)をチョイスしました。

今回はグレー系のアイシャドウに合わせているから相性抜群。ライトグレーが目元に抜け感を与えつつ、メイクのアクセントになっています。

ポイント3:抜け感を狙うなら…明るめ眉マスカラで印象チェンジ

アイメイクに匹敵するほど印象が変わるのが眉メイク。抜け感を出したい時は、眉をトーンアップさせてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ