無料の会員登録をすると
お気に入りができます

定番だからこそ一歩間違うとダサ見えしがち…!これが今っぽアイの新常識♡最新ブラウンメイク

メイク

今回は即旬顔になれちゃうブラウンメイクをご紹介します。カラーレス・抜け感のあるメイクがトレンドな今、ブラウンメイクは相性抜群。定番だからこそ、今っぽく仕上げるコツをご紹介していますので、ご参考になれば嬉しいです。

トレンドのアイメイクレシピ

ブラウンメイクの前提として、基本はブラウン系のアイテムを中心に使用すると、統一感が出てまとまりのある仕上がりになります。

そして、肌の色に近い(暗すぎない・明るすぎない)ベージュ系のカラーのものを選ぶと失敗がしにくいです。

まずアイメイクの印象を決定付けるアイシャドウについて。

ナチュラルメイクがトレンドのため、ブラウン系パレットを選ぶ際は、濃い締め色、ギラギラとしたラメが入ったものは避けるのがベターです。

また、最近はピンクやレッド、変わり種だとカーキなどの、1色だけポイントになるカラーが入ったブラウンアイシャドウパレットがよく発売されています。

(左)キャンメイク シルキースフレアイズ 08 825円(税込)
(右)セザンヌ ニュアンスオンアイシャドウ 03 748円(税込)

今回はセザンヌのアイシャドウを使ってメイクしてみました。

ポイントとなるレッドカラーをまぶたの狭い範囲(二重幅や、目尻のみなど)に少しだけ入れることで、アイシャドウで目元にポイントを置くことができ、かわいく仕上がります。

アイライナー、マスカラはアイシャドウに合わせてブラウンをチョイスすると浮きません。

ブラウンといっても、オレンジ系やモーブ系など様々な色みのブラウンが発売されているため、お持ちのアイシャドウの色の傾向に合わせて選ぶのがおすすめ。

アイライナーはナチュラルに仕上がりやすいジェル・ペンシル系が筆者のイチオシですが、はっきりとした目元にしたい方はリキッドライナーを使ってみてください。

チークの選び方

次にチークについて。

アイメイクでブラウンを使用するため、抜け感を出すためにチークはなしか、薄めに仕上げるとバランスがとれます。

(左)ローラメルシエ ブラッシュカラーインフュージョン 04 3,850円(税込)
(右)セザンヌ ナチュラルチークN 18 396円(税込)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ