無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[保存版]プロのやり方が知りたい♡今っぽ「垢抜け眉」を作る整え方&描き方

メイク

こんにちは!メイクアップアーティストの園 佳子(その よしこ)です。眉毛の描き方と同時に眉毛をどう整えれば良いのか分からない…というお悩みをよくききます。今回は今っぽさのある垢抜け眉の整え方と描き方のポイントについてご紹介します。

①眉を整える時はなりたい形をイメージ&下側のみ処理する

眉毛を整える前に大事なのは「どんな眉に仕上げたいか?」です。実際に整え始める前に、なりたい眉をイメージするようにしましょう。

基本的には眉の毛を整える時は、眉の下部分の毛を整えます。上側をカットしたり剃ってしまうと青っぽく見えて、処理したのがバレバレなので要注意です。

上側は、産毛などが気になるときに産毛シェーバーなどでカットするだけでもスッキリ見えます。

眉毛から離れた場所にある余分な毛は毛抜きなどで処理します。シェーバーだと、まつげに当たって短くしてしまうこともあるので要注意です。

眉を整える時のポイントは、描きたい眉毛をペンシルで描いてから、余分な毛を処理することです。

私の場合は、実際に眉を描いてしまって仕上げた後にカットすることもあります。

今は毛流れを活かして描く眉が旬なので、極端に眉の毛を短くカットしないほうが垢抜けた印象になりますよ。

②眉を描く時はふんわりパウダーをのせるのがポイント

眉を描く前には、まずなりたい形にガイドラインを描きます。

そのあと、眉の毛が細い方や毛量が少なめの方は、眉の毛の隙間をパウダーでふんわり埋めていきます。

ブラシを皮膚に擦り付けない様にふんわりパウダーをのせるのがポイントです。

眉の毛が足りない部分はペンシルで毛を描き足すように描きます。

毛がかなり少なめだったり、途中から眉がない方はアイブロウパウダーで形を描いてから、リキッドアイラインで毛を描くのもアリです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ