無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アイシャドウの塗り方の正解はコレ♡最大限に可愛く見える「こなれアイメイクのやり方」

メイク

マットやラメ、多色パレットやカラフルなものなど、アイシャドウの色や質感はたくさんあるけれど、うまく使いこなせないといったお悩みがある方も多いのでは?今回は、アイシャドウの種類ごとに最大限に可愛く見える塗り方をご紹介します。

ブラウンパレット×グラデーション

次に紹介するのはアイメイクの定番であるブラウンパレットを使用したこなれアイメイクテクです。

定番のブラウンパレットですが、入っている色を全て使おうとすると抜け感のない印象になってしまうことも。

定番パレットでこなれ感を出すポイントは、使用する色をあえて2色に絞ってナチュラルな目元に仕上げることです。

ハイライトカラーと中間色または淡めの締め色のみを使用し、アイホールと涙袋にハイライトカラーをたっぷり入れたあと、目のキワ部分に濃い色をサッと入れます。

あえてスッキリ仕上げることで今っぽいこなれ感のある仕上がりになります。

ポイントカラー×アイライン使い

最後にご紹介するのはアイメイクのアクセントになるポイントカラーの使い方です。

アイシャドウの中で一番使い方を悩むのが高彩度のポイントカラーではないでしょうか?

アイメイクの主役にするには難しいカラーも、アイライン代わりに使用することでこなれた印象の可愛いメイクになります。

細いブラシやチップで上まぶた目尻側にアイラインのように入れるだけでOKです。

太くなりすぎないように少しずつ塗っていき、お好みの濃さになったら完成です。

いかがでしたか?アイシャドウのタイプによって塗り方を変えて、最大限に可愛く見えるこなれ顔を手に入れてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ