無料の会員登録をすると
お気に入りができます

着やせしながらおしゃれ見え!秋のアラフォーコーデ5つのコツ

ファッション

今回はアラフォー世代の女性から要望の多い「少し変わってきた体型もすらっと見せつつ、やりすぎず、おしゃれな雰囲気のコーデにしたい」という希望を叶える、秋コーデのコツを5つご紹介します。簡単なコツばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

着やせしながらおしゃれ見えも叶う、秋コーデのコツは

この秋、着やせしながらおしゃれ見えも叶える、アラフォーコーデのコツはこちら!

一通りいろんなファッションを経験してきたアラフォー世代の女性からは、「○○というブランドの○○が欲しい」「有名人の誰々みたいなコーデがしたい」というピンポイントなものよりも、「少し変わってきた体型もすらっと見せつつ、やりすぎず、おしゃれな雰囲気のコーデにしたい」というようなざっくりした希望をお聞きするケースが多いです。今回はそんな希望を叶えるため、基本として押さえておきたい、着やせしながらおしゃれ見えする秋コーデのコツを5つご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね!

1. 顔映りのよい色選びは大事なポイント

温かみがあり、肌馴染みのいいサーモンピンクも、秋のおすすめカラーです 出典:WEAR

毎シーズン、いろんなトレンドカラーが生まれていますが、アラフォー世代にまず大事なのは、顔映りのいい色のトップスを選ぶことです。「その人によく似合っている」という印象は、おしゃれ感にもつながりますよね。

また、肌のくすみが気になってくる世代でもあるため、顔が沈んで見えるカラーよりも、ぱっと明るく見えるようなカラーを選ぶのがおすすめです。具体的には、ベーシックカラーなら白に近い方が顔が明るく見えますし、日本人の肌にによく似合うイエロー系や、温かみのあるサーモンピンクなども秋におすすめのカラー。パーソナルカラー診断などを参考にしてみるのもいいかもしれません。

「何にでも合う無難な色を選ぶのが、長年の癖になっている……」という人は、まずは顔映りがいいカラーのトップスを徹底的に探してみてくださいね。

2. 「三首見せ」でコーディネートにメリハリを

着やせ効果のある首元、手首、足首を見せる「三首見せ」はなるべく取り入れて 出典:WEAR

着やせコーデをする時に避けては通れない、基本のテクニックが「三首見せ」。体の中の細い部分を見せることでコーディネートにメリハリが生まれ、すっきり着やせして見えます。写真のように、シャツならボタンを少し開けて首元を整えたり、袖をロールアップしたりと、着こなしでも変化は付けられます。秋はまだ気温も高く、無理なく「三首見せ」を取り入れられるシーズンなので、ぜひ押さえておきたいポイントです。

3. 腰の位置は高めに見えるよう意識

ウエストに軽くベルトが巻かれているだけでも効果抜群です 出典:WEAR

体型カバーをしたいと思うと、ついゆるっとしたサイズ感を選びがちですが、スタイルよく見せたい時はできるだけ「腰の位置が高く」見えるよう意識するのがおすすめです。

例えば、ロング丈のトップスよりはショート丈を、オーバーサイズよりは軽くウエストが絞ってあるデザインのトップスを選ぶ、ジャケットやロングカーディガンなどを着る場合は、ちらっと見えるインナーのフロント部分だけでもインしてトップスをコンパクトに見せる、など。

腰の位置が高ければ、多少ヒップまわりが大きかったり、足が太めだったりしたとしても、バランスがいいのであまり目立たず、そこまで気になりません。

4. 小さくてもOK! ゴールドやシルバーのアクセサリーで格上げ

カジュアルな印象のボーダーもアクセサリー使いで大人仕様に 出典:WEAR

カジュアルでラフなコーディネートは、年齢を重ねるにつれて、「気を抜いている」「部屋着っぽい」印象になりやすく、難しい面も。

でも、そこにネックレス、ピアスやブレスレットなど、さりげなくゴールドやシルバーの光沢感がプラスされていると、あえてカジュアルダウンしているかのようなこなれ感が生まれます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ