無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生田斗真主演!劇団☆新感線の39興行春公演「偽義経冥界歌」上演

エンタメ

『劇団☆新感線』の旗揚げ39周年を記念して、2019年3月より「偽義経冥界歌」が上演されることが発表されました。全国5都市を巡る本公演は、主演の生田斗真さんをはじめ豪華キャストが勢揃い。話題の作品の最新情報をご紹介します。

舞台「偽義経冥界歌」2019年3月に上演開始

2019年3月より『劇団☆新感線』が旗揚げ39周年にあたる“サンキュー興行”を敢行することを発表。 春公演の演目「偽義経冥界歌」が上演されます。

本作は、源平時代の実話をもとにした時代劇。誤って源義経を死なせてしまった奥華玄九郎国衡役を生田斗真さんが演じます。

『劇団☆新感線』とは?

『劇団☆新感線』は、1980年に大阪芸術大学舞台芸術学科の四回生を中心としたメンバーで旗揚げされた日本の劇団です。

俳優・古田新太さんなど、テレビドラマなどでも馴染み深い俳優陣が多数所属しています。

「偽義経冥界歌」に華やかなキャストが勢揃い

藤原さくらさん

本作は舞台初出演となるシンガーソングライターの藤原さくらさんの出演が決定。現世と冥界を繋ぐ不思議ば力を持つ歌を歌う静歌役を演じます。

中山優馬さん

生田斗真さん演じる主人公の弟役・奥華次郎泰衡は中山優馬さんが演じます。世界三大テレビ祭とも称されるバンフ・ワールド・メディア・フェスティバルでは、出演ドラマがロッキー賞のDramaSeries: Non-English Language部⾨を受賞した中山さん。実力派の演技に注目が集まります。

「偽義経冥界歌」公演詳細

日程

・2019年3月8日~3月21日:大阪府 フェスティバルホール

大阪
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ