無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ちょっとしたことでイライラしちゃう…」 心の余裕を作る方法3選

ライフスタイル

心に余裕を持ちたいのなら自分に優しく生きなきゃ。

常に心の余裕はほしいもの。ですが忙しい現代、心に余裕を作るのは結構難しかったりします。

とはいえ、中には程よく余裕を保ち、健康的なメンタルの人もチラホラ…。

そこでfumumu取材班は、心の余裕を作るコツについて聞いてみました。

■金銭的な余裕を作る

「お金に余裕がないときって、それに比例するように心の余裕もなくなる。だから心の余裕のためにも無駄遣いを減らしたりと、金銭的な余裕を作った方がいい。
だって金欠な人ほど心も貧しいのか、何かと文句が多いし、ささいなことでもキレやすいし、行動も極端というか…一攫千金を狙おうとしたりと、なんかおかしいもん。余裕がなくなると冷静な思考が難しんだろうね」(20代・女性)

■時間や予定に余裕を持つ

「いっぱいいっぱいのときって人に優しくできないし、集中力も落ちてて、すぐ疲れる…。『1日24時間しかないから』と、やることをたくさん詰め込んでも、自分を疲弊させるだけなんだよね。
心の余裕を考えるのなら、ひとりでぼーっとする時間も必要だよ。結局は、何事もバランスが大事なんだなぁと」(30代・女性)

■大事なこと必要なこと以外しない

「陰で友達に『付き合いが悪い』と言われるのが怖くて、しぶしぶ女子会に参加をしたり、仕事を辞めたいのに転職の不安が大きくて、なかなか今の仕事を辞められなかったり…そういうのって、自分でストレスをためているようなものだと思う。
別に陰で悪口を言うような友達とは仲良くする必要もないし、仕事を辞めたいのなら辞めていいよ。本気で転職活動すれば、大抵どうにかなるから。
誰かに迷惑をかけないのであれば、自分にとって大事なこと、必要なこと以外はしなくていいでしょ。じゃないと心の平穏って保てないと思う」(30代・女性)

心の余裕は目では見えないので、気づいた時にはもう限界に達していた…ということも少なくないです。そうならないためにも、頑張りすぎないように生きましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ