無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋冬の足元はブーツが正解!おすすめトレンドブーツコーデ6選

ファッション

急に肌寒くなり、「ブーツ」が恋しい季節が一気に到来しました。今回は、今季トレンドに挙がっているプラットフォームブーツ、サイドゴアブーツ、スノーブーツを使ったコーデを6つピックアップします! ぜひ、秋冬コーデの参考にしてみてくださいね。

この秋冬、コーデに投入したいブーツ

今季狙い目のブーツって?

急に肌寒くなり、「ブーツ」が恋しい季節が一気に到来しました。ブーツはコーデに取り入れた瞬間、季節感のあるスタイリングが完成するので、ぜひ活用したいアイテムです。

昨今は、コロナ禍の影響を受け、肩肘の張らないリラックスコーデに人気が集まっています。ブーツのトレンドにもその流れが顕著にあらわれており、2021-22年秋冬コレクションのランウェイでは、快適な履き心地で疲れ知らずといった、ヒールの低いブーツを提案するブランドが数多く見受けられました。

そこで今回は、今季トレンドに挙がっているプラットフォームブーツ、サイドゴアブーツ、スノーブーツを使ったコーデを6つピックアップします! ぜひ、秋冬コーデの参考にしてみてくださいね。

1. スタイルアップ効果が期待できる「プラットフォームブーツ」

今季は、かかと部分とつま先部分の両方が高くなった「厚底ブーツ」に熱視線が注がれています。厚底ブーツは、「プラットフォームブーツ」ともいわれ、つま先部分にも厚みがあるので、高さのあるブーツでも歩きやすいのが魅力です。背が高く見えるため、スタイルアップ効果に一役買ってくれますよ。

出典:WEAR

こちらは足元にモードな印象をプラスしてくれるプラットフォームブーツ。フロント部分にジッパーがついているタイプを選べば、トレンド感はもちろん、着脱もしやすくておすすめ。ホワイトカラーのブーツは、取り入れるだけでコーデのポイントになってくれて、今っぽいこなれ感を生み出してくれます。モードな着こなしが叶うアイテムです。

厚底ショートブーツと合わせやすいのが、ロング丈のスカートやワンピース。画像のように、肌触りの良いニットワンピースには、ボリュームのある袖が特徴のブラウスがセットになったアイテムに投入すれば、バランス良く決まります。また、ニットワンピとブラウスのセットは、着用するだけでおしゃれ見えを叶えてくれて、忙しい朝にコーデに悩む心配がいりません。程よくゆとりのあるサイジングのものなら、身体のラインを拾いにくいので、大人女性にぴったり。リラックスしたいおうち時間にも最適です。

出典:WEAR

こちらは、コーデ全体の引き締め効果を持つ、大人っぽいブラックカラーのプラットフォームブーツ。ストレッチの効いたエコレザーのタイプなら、靴下を履くような感覚で簡単に着脱可能です。程よいボリュームのソールで、甘さのないクールなルックスも魅力的です。

一枚でサマになるややルーズなシルエットと、長めの袖リブを持つベージュカラーのVネックニットは、場合によってはぼやけた印象になりがちですが、ブラックカラーのブーツが、引き締め役として効果を発揮。総柄ながらもアニマル感を抑えたレオパード柄のプリーツスカートは、派手な印象がなく着用しやすいのが◎。ウエスト部分が総ゴムのものなら、ラクなはき心地でストレスフリーに過ごせますよ。

2.簡単に着脱できるのが魅力的な「サイドゴアブーツ」

今シーズン注目が集まっている「サイドゴアブーツ」。サイドゴアブーツとは、履き口の両サイドにゴアが施されたブーツを指します。ゴアとは、ゴムが織り込まれた伸縮性のある生地で、靴紐やストラップ、バックルのように足首をホールドする役割を持っています。伸縮性の高いゴアのおかげで、簡単に着脱できるのが嬉しいブーツです。

出典:WEAR

こちらはしっかりとした牛革の重厚感がクラス感を漂わせるサイドゴアブーツ。履けば履くほど足に馴染んでくれるリアルレザーのタイプなら、大人の品格を足元から表現できます。程よい厚底ソールで、今っぽさを取り入れたシンプル顔が魅力的なアイテムです。

そのブーツに繊細で柔らかい優しい雰囲気のニットカーディガン、ニュアンスのあるくすんだチェック柄のタイトスカートを合わせると季節感たっぷりのスタイリングに。ブラックカラーのサイドゴアブーツが、引き締め効果を担っています。

出典:WEAR

こちらは足元にクラス感を醸し出してくれる、すっきりとした美しいフォルムのサイドゴアブーツ。心地よいフィット感があり、着脱もしやすいサイドゴアブーツは、長時間履いていても疲れ知らずです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ