無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“恋がしたい”人必見![12星座別]「恋チャンス」を増やすプチ習慣

占い

普通に生活するだけでは、恋のチャンスは訪れにくいかもしれません。特に、「出会いが少ない」と感じている人ほど、恋愛を引き寄せやすい環境を作ることが大事。そこで今回は、12星座別の【恋チャンスを増やすプチ習慣】をご紹介します。さっそくチェックして、運命の人に気づいてもらいやすくなりましょう!

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座は友だちやグループで行動するより、単独行動を心がけるといいでしょう。他人に気を遣っていると直感が鈍ってしまい、恋のチャンスを逃すかもしれません。

何となくでも、「ここに行きたい」「これが見たい」「これをやりたい」などと思ったらすぐに行動を。オンラインのグループトークやライブ配信も、興味を持ったなら、積極的に取り組むと良さそうです。感性が近い人との恋が始まりやすくなるでしょう。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座は意識して行動範囲を広げるといいでしょう。毎日が職場と家の往復になっているとか、テレワークでほとんど外出しなくなっているのなら、日常に変化を求めることが大切です。

オフラインでもオンラインでも、興味を引かれたところには顔を出して“足あと”を残すように。お店のスタッフと会話するとか、SNSでコメントするなど自己アピールをしておくと新しい出会いにつながるでしょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座は社交的でフットワークも軽く、出会いを探すことにそれほど苦労しないかもしれません。ただ、「みんなで遊ぼう」「いつでも気軽に声をかけて」とオープンになりすぎると、友だち以上の関係が築きにくくなりそう。

恋人募集中のときは、特に関心度が高いコミュニティやウマが合う人に注目するといいでしょう。八方美人にならないよう、あえて偏った付き合い方をしたほうが恋のチャンスはつかみやすくなるはずです。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座は友人や家族を頼りに人脈を広げると良さそうです。身内とつながりのある人とはスムーズに仲良くなれるでしょうし、出会いの幅も広がりやすくなるはず。

また、参考にするなら幸せな夫婦ではなく、仲の良い恋人カップルに目を向けるといいでしょう。

たとえ婚活をしていても、恋人ができなければ結婚にはたどり着けません。最初から結婚を考えるのではなく、「どうすればよい恋ができるのか?」を考えたほうがチャンスをつかめるはずです。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座は、仕事と恋のメリハリをしっかりつけるといいでしょう。境界線を明確にしないと、仕事ばかりしてしまい、目の前の恋のチャンスを逃してしまうかもしれません。

恋人が欲しいときは、「マッチングアプリを検索する時間」「相手と連絡を取り合う時間」を確保して、恋より仕事を優先しないように。

また、日ごろから仕事のことを考えない時間帯や曜日を決めるのもいいでしょう。そうすれば、交友関係や行動範囲に広がりが出て、恋のきっかけをつかみやすくなるはず。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座は、定期的に羽目を外すと良さそうです。いつも周りに気を遣いがちなので、「キチンとしなくちゃ」と思いすぎないようにしてみて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ