無料の会員登録をすると
お気に入りができます

収納はざっくり、でもスッキリ。整理収納アドバイザーが愛用している「収納アイテム」4選

インテリア

整理収納アドバイザーのfucco(ふっこ)です。物の整理はわりとしっかりやりますが、収納は大雑把でざっくり派です。それでも見た目はスッキリしていたい。そんな収納を日々考えています。今回は収納ざっくり派の味方、スッキリ見えの収納アイテム4つを実際の使用例と共に紹介します。

①無印良品:ポリプロピレンケース 引出式

書類の保管に使いたくなる引出式ケース。わが家ではキッチンで使用中です。

ケースの中には、主にサランラップやアルミホイル、クッキングシートを収納しています。

高さが12cmタイプの引出ケースを使っているのですが、ラップ類を2つ積み重ねると、ぴったり収まるサイズ感。

ラップ類の見た目が散らかってしまうので、以前はラップケースに詰め替えて使っていました。ですが、ラップケースの切れ味がイマイチだったりすることも。何より詰め替えると、どのラップかわからなくなることもしばしば。

引出式ケースに変えてからは、そのまま収納できて、取り出す時もサッと引けばOK。ホワイトグレーの落ち着いた色味なので、キッチンインテリアに馴染みも良いです。

また、空いているスペースには、キッチンで使う掃除用品も一緒に収納。文字通り「ざっくり」ですが、見た目がスッキリしているので、わが家の収納が少ないキッチンで重宝しています。

②ダイソー:積み重ね収納ボックス

汚れやすいメイクボックス。

小さくても収納力があり、サッと洗えて軽量なダイソーの積み重ね収納ボックスをメイク用品の収納に使っています。

以前使っていたナイロン製のメイクボックスでは、お手入れが少し手間でした。積み重ね収納ボックスは丸洗いできるので、ラクにキレイな状態に戻せます。

高さ16.5cmタイプのボックスをメイク収納に使ったこともあるのですが、奥まで手を入れなければ小物が取れず、少し苦戦していました。私が使っている高さ8.3cmのタイプは程よく浅いので、メイク用品が取り出しやすくおすすめです。

そしてこの収納ボックス。4角のカーブが化粧品の丸みと相性良く、入れ方を考えなくても無駄なスペースなくスッキリ収納できています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ