無料の会員登録をすると
お気に入りができます

指先美人への近道♡ネイルケアオイル10選〜効果や使い方もチェック!〜

美容

視界に入りやすい指先は、できるだけきれいに保ちたいですよね。
でも、ささくれや二枚爪などのトラブルに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
ネイルケア用のオイルを使うことで、爪や指先を美しく整えることができます。
そこで今回は、ネイルケアオイルの効果や使い方を解説。あわせて選び方とおすすめ商品もご紹介します。

ネイルケアオイルとは

www.shutterstock.com

ネイルケアオイルは、爪や指先の乾燥を防いでくれるアイテムです。
「キューティクルオイル」「ネイルオイル」とも呼ばれています。

ここではまず、ネイルケアオイルの効果や使い方をご紹介します。

ネイルケアオイルには、さまざまな効果があります。

高い保湿効果のあるネイルケアオイルは、爪や指先を乾燥から守り、二枚爪やささくれなどを防ぐ効果が期待できます。
また、習慣化することでハイポニキウム(爪先裏の皮膚)が伸び、ネイルベッドが大きくなって「育爪」効果も期待できます。
爪が健康な状態になることで、ジェルネイルなどの持ちも良くなるでしょう。

ネイルオイルでのケアは、素爪派にもネイル派にもぜひ習慣にしてほしいケア方法です。

www.shutterstock.com

より効果を高めるためには、正しい使い方をすることが大切です。

まずネイルケアオイルは、爪の生え際と、爪と皮膚の間に塗りましょう。指先全体になじませるようにマッサージすればOKです。
その後ハンドクリームを塗るとさらに効果的。

注意点は、マニキュアやジェルネイルを塗ったあとに使うことです。オイルが塗ってある状態でネイルをしてしまうと、ネイルの持ちが悪くなってしまいます。

その点だけ気を付ければ、どんなタイミングでも良いので1日に数回ネイルオイルを使ってケアしましょう。
持ち歩いたり洗面所に置いたりして、ぜひ習慣にしてくださいね。

ネイルケアオイルの選び方

www.shutterstock.com

ここからは、ネイルケアオイルの選び方をチェックしましょう。
ぜひ自分に合ったネイルオイル選びの参考にしてくださいね。

ネイルケアオイルには、以下のようにさまざまな形状のものがあります。

それぞれのメリット・デメリットをチェックして、自分に合ったタイプを選んでくださいね。

www.shutterstock.com

次に保湿成分をチェックし、高い保湿効果が期待できるネイルオイルを選びましょう。

ホホバオイルやアーモンドオイルなど、植物性の成分がおすすめです。
ベタつきにくく、サラサラとしたテクスチャーになっています。シアバターなども◎

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ