無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今、彼と一緒に選びたい。おしゃれなユニセックスアイテムがそろう5ブランドはここ!

ファッション

パートナーとのおしゃれを楽しむ選択肢が増えている今。男女それぞれが着てみて「共有したい」「おそろ持ちしたい」と感じたブランドをご紹介。アウターからスニーカーまで、「UOMO」スタッフと「BAILA」スタッフの両方が惚れたアイテムとは?

CINOH[チノ]

ストリートのエッセンスを感じるユニセックスブランド。サステナブルな素材を用いたモッズコートは男女の体型に合わせシルエットをアレンジ。

「普段は着ないメンズライクなアウターですが、甘めワンピにも合いそうで嬉しい発見でした」(スーパーバイラーズ・IT関連会社 石本愛衣さん・BAILA)

「レディスのアウターはノーカラーで、丸みのあるヘムライン。同じ素材と色で、デザインが少し違うのが気が利いてる」(ライター 榎本洋子さん・BAILA)

「ミリタリーは、今、二人で共有したいテイスト。女性が着こなしにうまく取り入れていると、好感が持てます」(ライター 力石恒元さん・UOMO)

コート¥85800・パンツ¥23100/モールド(チノ) ニット¥23100/エイチ ビューティ&ユース 帽子¥6600/オーバーライド 神宮前店(オーバーライド) ピアス¥16500・リング¥15400/アルティーダ ウード ストール¥10500/COS 銀座店(COS) バッグ¥17600/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ティディデイ)

「光沢感が洒落ていて新鮮。妻とデザイン違いを着て街を歩きたい」(会社員 忽那洋平さん・UOMO)

「バサッと羽織ってこなれるメンズが気に入りました。普段は夫に着てもらい、私が借りるという作戦を立てています」(スタイリスト  石田綾さん・BAILA)

「あえての大きめをバフッと着たくて、フードが可愛いメンズに一票。シンプルな通勤コーデのアクセントになりそうです」(編集ナベ嬢・BAILA)

コート¥121000・ニット88000/モールド(チノ) パンツ¥36300/エイトン青山(エイトン)

ADEAM ICHI[アディアム イチ]

モードなエッセンスをちりばめたNYコレクションブランドから登場の、ジェンダーニュートラルな新ライン。

「レイヤード風で、羽織るだけで即おしゃれ。忙しい朝にぴったり!」(スタイリスト 山﨑静香さん・BAILA)

「コンサバになりがちなカーディガンは、ジェンダーレスブランドで選べばいいんだ!と発見。凝ったデザインと丈感でモードに着られます」(フリーランスPR 河野なみこさん・BAILA)

「体のラインを拾いすぎず優秀。クリーンな白も素敵」(編集たま子・BAILA)

カーディガン¥59400・Tシャツ¥22000(ともにADEAM ICHI)・パンツ¥68200(ADEAM)/ADEAM 東京ミッドタウン店 メガネ¥34100/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン)

「しっとりとした上質感。着心地のいいものはシェアしたくなります」(モデル 松本雄司さん・UOMO)

「ベーシック+αなデザインで、普段から好きなメンズライクなコーデに変化がつきそう。オーバーサイズをパンツスタイルに合わせたい」(スタイリスト 池田メグミさん・BAILA)

カーディガン¥59400・トップス¥35200・パンツ¥46200/ADEAM 東京ミッドタウン店(ADEAM ICHI) メガネ¥42900/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)

LOEFF[ロエフ]

トラディショナルがベースの丁寧な服作りが魅力。端正なブレザーは男女でパターンを細やかに変えている。

「ウエストをしぼらない、ユニセックスなボックスシルエットがかっこいい」(編集W・BAILA)

「トラッド回帰の気分にぴったりな端正なブレザー。黒に近いネイビーもクラシックで魅力を感じます」(フリーランスPR 河野なみこさん・BAILA)

「女性が気負いなくブレザーを着ているのは素敵。オーソドックスでクセのないデザインなのも感じがいい」(編集N・UOMO)

ジャケット(レディス)¥69300/ロエフ 六本木店(ロエフ)

THE SHINZONE[ザ シンゾーン]

上品カジュアルなアイテムが人気。オーセンティックで着こなしやすいチノパンはメンズラインでも展開。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ