無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一重・奥二重・二重さん全員マネして♡デカ目メイクと相性◎の「ふたえライナー」活用テク3選

メイク

今回は「ふたえライナー」の活用術3つをご紹介します。目の二重ラインを強調できるこちらのアイテム。使いこなせなさそうという方や、そもそも一重だから使い道がないと思っている方でも使える方法をまとめましたので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

用意するもの

今回はセザンヌの描くふたえアイライナーを使用しました。

使いやすく、プチプラでコスパの良いアイテムです。

全2色展開のため、肌の色に合わせて色を選べるのが◎。迷ったら10番でOKです。

ふたえライナーを使わず、今あるもので代用したいという方は、「グレージュ」や「ライトブラウン」などの色が薄いリキッドアイライナー、あるいはアイブロウペンシルを使ってみてください。

ふたえライナーを使ったメイクで、あると便利なアイテムもご紹介します。

描いたラインをなぞってぼかすのに、アイブロウブラシがおすすめ。ひと手間でよりナチュラルに仕上がります。アイブロウブラシがないという方は綿棒でも可です。

描いたラインを薄くするのに、マットな明るいベージュのアイシャドウを用意しておくとさらに自然な仕上がりになります。アイブロウパウダーでもOK。

キャンメイクのこちらのアイシャドウは、涙袋とも相性の良いラメカラーも入っているため特におすすめです。

こちらを使ってこれから3つの使い方をご紹介していきます。

使い方1:二重ライン拡張

まずご紹介するのは、二重ラインを強調させる方法。

やり方は、二重ラインにそってラインを引くだけです。

むくみによって二重のラインがぼけてしまった日や、二重形成アイテムで二重を作ったときなどに取り入れると、目の印象がよりはっきりします。

目尻側は少し長めに引くことで、目の横幅が広く見える効果も期待できます。

ラインは細く引くだけ十分効果が出るため、やりすぎ注意です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ