無料の会員登録をすると
お気に入りができます

巻くだけじゃもったいない!こなれを叶えるストール活用5コーデ

ファッション

いつものコーデが、なんとなく物足りないなと思ったこと、ありませんか?そんな時は、チェックのストールを投入してみて下さい。普通のコーデが、一気に洗練されたこなれコーデに早変わりします。

「ベルト留め」で周りと差をつけて☆

ZARAのニットとブルーのプリーツスカートのコーデに、ストールをふわっと掛け、その上からウエストをUNIQLOのベルトでマークしました。バッグの色味もキャメルで統一してうるさくならないよう気をつけました。

「ベルト留め」はそれほど多く見かけないので、周りによりオシャレな印象を与えることができること間違いなしです。

※「ベルト留め」の簡単なやり方

① 大判のストールを折り畳まずに、左右均一になるように肩掛けします。

② 上からベルトをし、ベルト部分がしわにならないよう、形を整えて完成です。

「スヌード巻き」で大人可愛く☆

ファーポケカーデとGUのレースタイトスカートのコーデの仕上げに、ストールをスヌード巻きしました。

スヌードをわざわざ買い足さなくても、大判ストールなら簡単に代用できちゃいます。

※「スヌード巻き」の簡単なやり方

① ストールの対角線上にある角と角をかた結びします。

② 結び目が首の後ろにくるように、頭からかぶります。

③ ストールを両手に持ち、体の前で1回ねじって(8の字のようにして)、輪を作ります。

④ 作った輪の中に顔を入れ、頭からかぶれば、完成です。

「抜き襟風肩掛け」でこなれた印象に☆

GUトップスとZARAのデニムでつくったカジュアルコーデの仕上げに、ストールをふんわりと羽織っています。抜き襟風にわざと肩を落として羽織るとこなれ感が出ます。

チェックのストールは、流行に左右されず、長く使用できるので、何枚かストックしておくと安心です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ