無料の会員登録をすると
お気に入りができます

40代のNG眉、どうすれば垢抜け眉にできる?オトナ女子向け「2022年今っぽ眉」の作り方

メイク

こんにちは、コスメ&メイクライターの古賀令奈です。眉は時代を反映するパーツ。若い頃のブームを引きずっていたり、今の流行に乗り切れていなかったりすると、野暮ったくみられてしまうことがあります。今回は、トレンドを盛り込んだ大人にもなじむ今っぽ眉の描き方をお伝えします。

街で見かける40代のNG眉3つ

まずは、街中などでよく見かけるNG眉を見ていきましょう。

NG眉1:時代を感じる急カーブの細眉

安室ちゃんブームが全盛期だったアラフォー世代に見られがちな形。時代を感じられたり、怖く見られたりしやすいです。

NG眉2:輪郭が見えている眉

眉の輪郭をペンシルでとってから描く眉は、アウトラインが見えて残念な印象に。かっちりしすぎた形からは、今っぽさも感じにくいです。

NG眉3:眉頭と眉尻で色が異なるチグハグ眉

流行のカラー眉に挑戦したものの、眉頭と眉尻部分で色がチグハグになっていることが。パウダーのみで仕上げたことで、毛のない部分に色がうまく乗らないケースが目立ちます。

2022年今っぽ眉は「ピンクのふんわりエアリー眉」

今っぽさを簡単に出しつつ、大人女子にもしっくりなじませるには、ピンクのふんわりとした眉がおすすめです。

落ち着きと血色感を備えたピンクは、カラー眉のなかでも挑戦しやすい色といえます。上品な印象と抜け感を両立できる色で、大人も違和感なく取り入れられるでしょう。

その使いやすさから、ピンクのアイブロウコスメが続々と発売されており、色みの選択肢も広いです。

ここからは今っぽ眉を作るポイントを詳しく解説していきます。

眉尻はペンシルで描き足しておく

眉尻の毛のない部分は、パウダーのみで完成させるのは難しいことが。眉尻部分はペンシルで形を整えながら描いていきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ