無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『ジブリパーク』OPENが11月1日に決定!「となりのトトロ」「耳をすませば」などを再現した3エリア先行で

旅行・おでかけ

『ジブリパーク』が愛知県に11月1日オープン!

スタジオジブリ作品の世界観を再現したテーマパーク『ジブリパーク』が、愛知県の愛・地球博記念公園に誕生。開園日が2022年11月1日に決定しました。入園は日時指定の事前予約制、入園料金は検討中だそうです。

© Studio Ghibli

「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「もののけの里」「魔女の谷」「どんどこ森」の5つのエリアが設けられますが、11月1日に開業するのは、「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」の3エリアです。

アニメの世界観がつまった5エリア

①青春の丘/『耳をすませば』『猫の恩返し』など

© Studio Ghibli

映画『耳をすませば』に登場するアンティーク家具や時計の修理・販売を行う店「地球屋」や、「ロータリー広場」が整備されます。「ロータリー広場」では電話ボックスや掲示板に電話機や貼り紙等を設置し、作品の雰囲気を演出するそう。

また、映画『猫の恩返し』に登場する「猫の事務所」も整備され、家具や小物等がミニチュアサイズで制作されます。

© Studio Ghibli

既存のエレベーター施設は改修され、映画『天空の城ラピュタ』や映画『ハウルの動く城』などの世界観を想起させる19世紀末の空想科学的要素を取り入れた内外装とします。

②ジブリの大倉庫/『借りぐらしのアリエッティ』『天空の城ラピュタ』など

© Studio Ghibli

「倉庫」らしさと懐かしさを感じる和洋折衷の建築空間をイメージし、展示室、子どもの遊び場、売店と喫茶、収蔵施設等が整備されます。映画『借りぐらしのアリエッティ』に登場するアリエッティやその家族が暮らす家、そして彼女たちの目線で見た植物の茂る庭を大きなセットで表現。

© Studio Ghibli

さらに映画『天空の城ラピュタ』から、廃墟となったラピュタの庭園が制作されたり、空飛ぶ巨大な船が全長およそ6mのスケールで登場します。

© Studio Ghibli

他にも、子どもたちが映画『となりのトトロ』の世界で遊べる部屋なども設けられます。

③どんどこ森/『となりのトトロ』

© Studio Ghibli
記事に関するお問い合わせ