無料の会員登録をすると
お気に入りができます

都合よく使われたくない! 「他人を利用する人」の見極め方3つ

ライフスタイル

理不尽に利用されないように、「他人を利用しようとする人」の見極め方をぜひ知っておきましょう。

相手の都合は関係なく、自分勝手に他人を利用しようとする人たち。そんな人たちに、貴重な時間を使いたくないですよね。

どうすれば、他人を利用する人を遠ざけることができるのでしょうか?

相手の真意を見極めるポイントを、fumumu取材班が聞いてきました。

①一方的に話してくる

「こちらの話は適当に流すのに、自分の話は『聞いて聞いて!』ばかりの人と関わると、いいように使われているなーと感じます。具体的なお願いをされたことがなくても、ただの聞き役として使われている場合はあるんじゃないでしょうか。
お互いに話ができる関係ならいいけど、相手から一方的に話されるだけでは疲れてしまいます。そういう人って、自分の中に話したいことがたまると、誰でもいいから話を聞いてくれる人を呼び出したりするんですよね。
とにかく自分の気持ちを発散することが目的だから、相手の話にはまったく興味を持たなくて…自分の都合ばかりで身勝手だなぁと思います」(30代・女性)

②情に訴えてくる

「働いている会社に何人か年配のパートさんがいるんですけど、その中のひとりが難しそうなことはすべて『もう年だからさぁ…』と他の人に回そうとして困っています。確かに年齢を重ねるとできないことも出てくるでしょうけど、あきらかにこちらの情に訴えてくるんですよね。
『年寄りだと思って勘弁してね』『若い人みたいにできなくて』って。そう言われると、無理にお願いしてもこちらが悪者みたいになるし。強く言えない理由を盾にするのはずるいし、うまく利用されている気がします。
過去の苦しい体験を話してくるとか、こちらの罪悪感を刺激してくるとか、とにかく情だけに訴えてくる人には注意したほうがいいと思います」(20代・女性)

ぶらさがりネコクッキー「ねこカップ」【Amazonでチェック】

③こちらのお願いは…

「お互いに支え合おうと思っているのか、自分が楽をしたいだけなのか、こちらからお願いしてみればすぐにわかると思いますよ。
相手からなにか頼まれたときに、同時に『わかった! じゃあ代わりにこれお願いしてもいい?』と聞いてみるとか。こちらを一方的に利用するつもりがないなら引き受けてくれるだろうし、本当に余裕がないならそれなりの理由を伝えてくると思います。
相手がOKしてくれたらラッキー! くらいに考えている人なら、自分の負担が増えるのを嫌がってお願いを取り消すんじゃないでしょうか」(20代・女性)

見返りなく人に親切にできることはすばらしいですが、残念ながら、他人の善意を食い物にする人もこの世には存在します。

相手のお願いで自分が疲れていると感じたら、無理に引き受けずにスッと相手と距離を置いてみましょう。

ぶらさがりネコクッキー「ねこカップ」【Amazonでチェック】
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ