無料の会員登録をすると
お気に入りができます

転職の落とし穴。収入アップのために本当に考えるべきこと

ライフスタイル

働き方も、恋愛も、生活様式も、全てのあり方が少し前とは違う令和の今。数えきれない変化の裏にある「新マネーハック」を、さまざまな分野の専門家たちが回答します。今回の回答者は、ライターのトイアンナさん。

今回のお話「収入と働きやすさ、どっちを選ぶ?」

今の会社ではなかなか給料が上がらない……そんなお金の悩みが転職を考えるきっかけになりやすいもの。しかし、アラサー世代が転職をする時に、お金と働きやすさのどちらを重視すべきなのでしょうか?

こんにちは、トイアンナです。

増税で手取り収入が減っていくこの時代です。転職を考え始めた方も多いのではないでしょうか。さらに、アラサー世代ともなれば「転職35歳限界説」を考えざるをえませんよね。だからこそ、今のうちに動かなくちゃ……! と、あせる気持ち、分かります。

転職35歳限界説って本当?

そもそも、転職は35歳が限界というあの通説、本当なのでしょうか?

私の周りを見ている限り、少なくとも35歳以上の男女はバンバン転職しています。ただ、その中には「楽々転職できる人」と「転職で苦労する人」がいるのは事実です。では、何がその差を作っているのでしょうか。

答えは、35歳までに管理職になっていたかどうか、です。

35歳までに管理職にならないと……

多くの企業では、35歳までに社員を主任や課長など、最初の管理職ポジションに置きます。ところが、転職を繰り返していたり、部下世代が採用されてこなかったり、「平社員」を35歳まで続けてしまうと、同僚と比べて出世が遅れていきます。

そこで気にしないタイプの人は構わないのです。問題は、同世代と比べて「私って、周りより年収も低いし、出世も遅いし」と気になってしまう方。

自分より若い上司がいることにしんどさを感じるなら、35歳までに管理職へ昇進してから転職しましょう。そのほうが、同期に遅れを取らずに済むはずです。

収入アップを目指して倒れたら意味ないよ

また、収入アップを目指す転職についても、リスクを考えておきたいのがアラサー世代。というのも、年収のことばかりを考えるあまり、転職先の「激務度」を無視して転職し、燃え尽きる方が後を絶たないからです。

収入アップを目指して失敗する事例

私の周りでも、収入アップを目的に外資系コンサルティングファームへ転職した男性がいました。彼はとても勤勉でしたが、もともとユルいメーカー出身。毎日26時まで働く生活に耐えられず、1年で燃え尽きました。

それでも、彼は以前いた会社へ出戻りできたから問題ありません。問題は、退路を考えずに転職してしまうケースです。円満退社をしなかったばかりに、元々いた業界にも戻れなくなり、そのままジョブホッパー(転職を繰り返す人)になってしまう人が多数います。

収入アップ「だけ」が本当に目的だった?

収入アップを狙って転職するのは悪くありません。問題は、激務度もアップさせる場合です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ