無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アラフォー女子も下まぶたメイクは常識です♡今っぽ&若見えが叶う「下まぶたメイク」3選

メイク

こんにちは、コスメ&メイクライターの古賀令奈です。「アイシャドウは上まぶたにしか塗らない」という方は、ぜひ下まぶたにも塗ってみてください。少しチャレンジしてみるだけで、クマやくすみをカバーしながら今っぽく若々しい目元が叶います。今回はアラフォー女性が取り入れやすい下まぶたメイクをご紹介します。

黒目の下に締め色を入れるときは、チップだと太くなりすぎます。締め色用の細いアイシャドウブラシを使うと繊細なラインをひきやすいでしょう。

極細のライン状に入れることで、締め色が目立つことなくさりげなく印象深い目元を演出できます。

③中間色で大胆に囲む

華やかな目元を楽しみたいなら、中間色で思い切って囲んでしまいましょう。上まぶたから下まぶたまでメインカラーを全体に入れることで、目元がグンと際立ちます。

このメイクで気をつけたいのが、血色カラーを使うこと。ブラウンやブルー系などを使うとクマやくすみを強調させてしまうため、血色感のある色で囲ってください。

ブラシでぼかしながら目尻側にやや広く入れることで、ナチュラルなグラデーションが生まれます。上まぶたはハイライトカラーや締め色と溶け込ませて自然な陰影をつくりましょう。

下まぶたメイクは少し塗り方を変えるだけでイメージが大きく変わります。濃い色を使うほどインパクトが大きいため、淡い色からなじませていくと失敗しにくいでしょう。

なりたいイメージに合わせて、お好みのメイクを楽しんでくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ