無料の会員登録をすると
お気に入りができます

メイクの上から使える!日焼け止めの“塗り直し”はこれで解決

ビューティ

夏に欠かせない日焼け止め。こまめな塗り直しが必要と分かっていても、「メイクの上からどうやって塗り直せば良いの?」と疑問に思ったことはありませんか?
そこで今回は、日焼け止めの塗り直し方法をご紹介。自分にあった方法で、毎日の紫外線から肌を守ってあげましょう。

知っていますか?日焼け止めの正しい使い方

bybirth.jp

紫外線の量がグンと増えるこの季節。顔や身体に日焼け止めを塗って対策を行っている方も多いですよね。そこで改めてチェックしてほしいのが、日焼け止めの使い方です。間違った使い方を続けていると、紫外線を防ぎきれず、うっかり日焼けをしてしまう可能性も…。

そこで今回は、多くの人が忘れがちな日焼け止めの塗り直し方法をご紹介。「なぜ塗り直しが必要なの?」「どうやって塗り直せば良いの?」という疑問にお答えしていきます。

日焼け止めに塗り直しが必要な理由とは?

皆さんは1日の中でどれくらい日焼け止めを塗り直していますか?実は朝にしっかり日焼け止めを塗っていても、時間が経つにつれて汗や摩擦で落ちてしまいます。

だからこそ、日中に日焼け止めを塗り直すことが大切。外出をする際は、塗り直しのできるアイテムを持ち歩いておくと良いでしょう。

どれくらいの頻度で塗り直しが必要なの?

基本的には塗ってから2~3時間を目安に塗り直すのが良いと言われています。屋外で活動していると汗の量が増えるため、その分日焼け止めが落ちやすくなっていることを忘れずに。その日の行動に合わせて日焼け止めの種類や塗る頻度を考えましょう。

日焼け止めを塗る時のポイント

bybirth.jp

1. 顔全体にムラなく均一に塗る

日焼け止めは一定の量を塗らないと、表示されているSPF・PAの紫外線カット効果が発揮されません。パッケージに書かれている量を目安に、少量ずつ顔の中心から塗り広げましょう。

この際、メイク用のスポンジを使うのもおすすめです。指で塗るよりも肌への密着度が上がるため、塗りムラを防ぐことができます。

2. スキンケア後に塗る

日焼け止めを塗るタイミングは、化粧水や乳液などスキンケアを終えた後です。メイク前に塗っておくことでヨレを防ぐことができ、日焼け止めの効果が持続しやすくなります。

意外と簡単!メイクの上から日焼け止めを塗り直す方法

【STEP1】汗や皮脂をオフする

日焼け止めを塗り直す前に、毛穴から浮き出た汗や皮脂を落とします。水で濡らしたコットンや持ち運びサイズのクレンジングシートを使うと、肌に負担をかけずにオフすることができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ