無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“運気のビッグウェーブ”に乗りたい人必見![12星座別]「2022年下半期にしておきたいこと」3つ

占い

もうすぐ訪れる2022年下半期。好調な運気の波にうまく乗ることができれば恋愛や仕事がスムーズに進展するかもしれませんが、そのためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があるでしょう。そこで今回は、12星座別の「2022年下半期にしておきたいこと」3つを詳しく見ていきましょう!

12星座別!「2022年下半期にしておきたいこと」3つ

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

1、10年後の自分をシミュレーションする
2、仕事の目標を決める
3、たくさんの人と話をする

2022年下半期は、おひつじ座のあなたにとって重要なターニングポイントになるでしょう。この半年をどう過ごすかで2023年が変わるでしょうし、今後の人生の方向性も決まってくるかもしれません。

中長期的なライフプランニングや、自分の能力を活かせる仕事の見極めはしっかりと。いろいろな人の価値観に触れ、自分にプラスになる情報を取り込むと良さそうです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

1、理想の自分を思い描く
2、信頼できる仲間を作る
3、資産形成の土台づくり

おうし座にとって、2022年下半期は準備期となりそうです。2023年の5月からは、主役としてステージの上に立つような時期を迎えるでしょう。そして、それは今後の人生を決める幸運期の始まりとなる予感。

だからこそ、この下半期は時間をかけて“自分がどう生きていくか”を考えることが大事でしょう。金運も良いのでマネー系の勉強をするのもいいかもしれません。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

1、一生懸命になれるものを見つける
2、居心地の良いコミュニティを作る
3、仕事で結果を出す

夏以降、ふたご座は情熱的な運気に包まれ、やる気が増すでしょう。高い熱量で取り組めるものを見つけることで、充実した時間が過ごせるはずです。

また、2022下半期は対人運と仕事運が好調のよう。秋までは人間関係を重視して、年末までは仕事に専念すると良さそうです。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

1、仕事の方向性を固める
2、自分磨きとスキルアップをする
3、苦手意識をできるだけ克服する

10月末までは仕事運が好調のようなので、努力するほど結果が出るでしょうし、それをきっかけに今後のキャリアが決まるかもしれません。また、仕事に活かせるスキルの向上、資格の取得には積極的に。一生ものの“武器”を得られそうです。

一方で、夏以降はコンプレックスと向き合う場面が少なくないでしょう。見て見ぬふりをしないで向き合ったほうが、心がスッキリするようです。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

1、人脈を広げる
2、大切な人との絆を深める
3、自分を必要としてくれる人を見極める
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ