無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食器洗うのめんどくさい……。知って得する“洗い物を減らす5つの方法”

ライフスタイル

食事をした後に必ず出てくる洗い物。少しでも減らせたら、毎日の負担も減りますよね。今回は毎日の洗い物を減らす、料理中のアイデアをご紹介します。

食事後の洗い物が大変……

stock.adobe.com

食事を用意することになると、買い物、下ごしらえ、調理、そして出来上がって楽しんだ後には洗い物が待っています。この洗い物って面倒ですよね……。そこで少しでもラクができる方法がないか考えていたところ、ママ友からアイデアを教えてもらったので実践してみました。

【方法1】丼を作る

stock.adobe.com

洗い物を減らすには、かつ丼や親子丼など、ご飯の上におかずを盛りつけて1つの丼で楽しむ方法があります。丼は子ども達にも人気のレシピがたくさんあるので、夕ご飯などでも喜ばれますよね。さらに洗い物も1つで済むので、洗う時間も時短できますよ。

【方法2】ワンプレートで盛りつける

stock.adobe.com

いろいろなおかずや料理を作ってあげたい。そんなときには大きめのお皿に盛りつけるワンプレート形式がよいかもしれません。野菜、メイン、ご飯、デザートなどをすべて1つのお皿に盛りつけてあげると、彩りも綺麗なワンプレートに。カフェのようなお洒落な食事で、その上洗い物も減らすことができますよ。

【方法3】牛乳パックを活用する

stock.adobe.com

毎日の食事作りでは、食材を切る際にまな板も必要ですよね。毎回まな板を洗うのが大変なときは、牛乳パックをまな板代わりにするのがオススメです。牛乳パックを綺麗に洗い、開いた状態で干しておきます。牛乳パックの上で食材を切って、使用後はそのままゴミ箱へ捨てるという方法であれば、まな板を洗わずに済みますよ。

【方法4】ホイル焼き料理を作る

stock.adobe.com

魚やお肉、野菜などをアルミホイルに包んで焼くホイル焼きの料理は、作る際もホイルの中に材料を入れるだけ。また食べ終わった後もホイルをそのままゴミ箱に捨てられるので食器汚れがひどくなりません。ホイルが破れてお皿にこぼれるときは、ホイルを何枚か重ねるといいですよ。ホイル焼きは立派な1品として楽しめるので、洗い物を減らすにも良いレシピです。

【方法5】ビニール袋をボウル代わりに使う

食材を洗ったり、混ぜ合わせたりする際に、ボウルを使うことも多いですね。ボウルを使うと洗う必要が出てくるので、ボウルの代わりにビニール袋を使う方法があります。そのまま漬け込みをすることもできるので、料理の種類によってはビニール袋を活用すると洗う食器が減りますよ。

自分にあった方法を試してみて!

無理に洗い物を減らすことだけを考えると悩むこともありますが、なにか1つ変えてみるだけで洗い物が減ったり、毎日の負担が軽くなる方法もあるかもしれません。自分に合った方法や、取り入れやすい方法がもしあれば、ぜひ試してみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ